歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

言語論的転回と社会運動史

 今日は入試、その後は教授会など多分夜まで会議、ということで何もできない一日になりそうですが、早く起きて今は多少時間があるので、あまり間を置かないで久しぶりに記事を書きます。書き癖をつけないとブログの維持は難しい。日常の変化とか、政治へのコメントなら毎日書くこともそれほど難しくはないだろうけど、それなりにあるテーマについてまとまったことを書こうと思うと、やはり書き癖は重要です。といっても仕事場にまだネット環境を構築できていないので、本が今は手元になく、今日はあくまでも自分の記憶の範囲でということになりますが。
 自分がほかの研究者からどういう目で見られるかというと、たぶんE・P・トムスンのパートナーのドロシー・トムスンのチャーティスト運動研究の決定的労作の『チャーティスト』の翻訳者、ということになります。実際イギリスに行く時は彼女と会うことは多かったし、家に招待され宿泊したこともあります。エピソード的に書くと、トムスン家では『インデペンデント』を読んでいて、朝食の時にたまたまその日の記事に「ゴルフは中国で始まった」という記事が載っていたのをエドワードが話題にしたことがあります。エドワードとゴルフの関係が唐突で、強く印象にあります。
 それが現在では言語論的な議論をかなり紹介するようになった。日本では奇妙に感じられるようですが(自分は思想的な変化は好まないタイプで、たとえば政治的なことへの考え方は学生時代とほとんど変わっていません)、海外では、とりわけイギリスの研究者にこうしたことを自己紹介しても、不思議に思われることはあまりありません。その理由は、イギリスでは言語論的転回は社会運動史研究、とりわけチャーティスト運動研究の流れの中で重要な意味を持っているからです。このことは、最近出ているチャーティズム研究の中の研究史を読んでもよくわかります。多くの研究は、ギャレス・ステッドマン・ジョーンズの「チャーティズムの言語」を研究の決定的転換点として挙げています。
 その代表例がNail Pye の The Home Office and the Suppression of Chartism in the West Riding,Merlin Press (2011) です。チャーティスト運動くらい研究が積み重ねられているとどうしても研究史が長くなる。とりわけ博士論文をベースにするとそうなる。この本も本文は180 頁弱だけど、研究史だけで30頁近くあります。 ほぼ三つに分けられていて、1960年代以降の実証研究の本格化、とりわけそれを集成していったドロシー(グループ)の研究とは異なる地平を提起することになったのがチャーティズム研究に言論的な視点を導入したギャレスの論文とされ(結局のこの流れはドロシーグループの影響力の大きさ、さらにはこの流れが関心をチャーティズム研究以外にも向けていったのでチャーティスト運動研究には決定的な影響力を持てなかったのですが)、さらには2000年以降に新しい展開が生じているとされています。
 そうした流れの一つとしてデジタル化(ネットをつうじての情報の拾いだし、その提示など)が あげられ、それが family history と結びつくことによって社会運動史の捉え方に新しい側面を開いたことが指摘されているのもこの本の研究史で注目していいことですが、この本が自分の関心と一致するところは、近代国家の権力整備(とりわけ社会運動の抑制システム)から社会運動の興隆・衰退をとらえているところです。とくに面白いのは、たとえば鉄道の発展が、新聞や指導者を地方に輸送することを通して運動を全国化したけど、同時にそれは警察や軍隊、そして世論誘導のための支配的なメディア(その代表がタイムズです)を全国化し、後者の流れの方が強力であったことが、同じように全国化して一時的には大きな力を抱くようになった運動の側を抑制し、チャーテスト運動を衰退させたということが議論の大きな柱となっていることです。
 議論としてはチャーティスト運動を治安維持システムの問題との関連からいち早く取り上げたメーザーの議論(Public Order in the Age of Chartism) と、言語論的転回を媒体にチャーティスト運動の「衰退」を論じたギャレスの議論(ギャレスの議論に関して大事なことは、彼の議論が19世紀後半からイギリスの民衆運動はなぜ後退したのかという問題意識から生じていることです。そしてこの問題意識は、1970年以降なぜ左派的な思想、運動が後退し始めたのかという問題への危機感からも生じたものです)を受けついだジェームズ・ヴァーノン(People and the Politics)の議論をある程度踏まえたものです。
 こうした例からも理解してほしいことは、言語論的な議論は実証的な具体的な歴史研究のあり方と、社会運動という領域でも深い関係があるということです。
 
by pastandhistories | 2015-03-06 07:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/20966388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

デジタライゼーションの30年間
at 2017-09-19 22:58
ENIUGH補遺
at 2017-09-17 21:32
ENIUGH-4
at 2017-09-16 22:12
9月13日、14日
at 2017-09-12 13:46
eniugh5-3
at 2017-09-08 06:23

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧