歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

サイモン・シャーマ

 パブリックヒストリーについての調べごとをしていたら、BBCのニュースでサイモン・シャーマが、トランプの大統領領当選について、冷静ではいられないとして激しくコメントしているのを知りました。サイモン・シャーマと言えば、最初にイメージすることは、BBCに協力してイギリス史についての長大な映像的な歴史を作成したこと。自分も購入して所有はしていますが、なかなか見る時間はありません。そのイメージもあって、イギリス人の歴史家、イギリス史についての歴史家と思われがちですが、実際には父親はリトアニア系のユダヤ人(母親もユダヤ系だと思います)、ナチスの台頭の中でイギリスに移住した両親のもとに本人自身はイギリスで出生し(1945年生まれ)、イギリスの大学を出た人です。
 日本では『風景と記憶』が翻訳されてよく知られるようになり、またオランダ美術史等の研究、そして映像的な歴史の関与ということで、歴史に対するビジュアルなあるいは心象的な要素に着目した歴史研究者というイメージがありますが、もともとはフランス革命史を専攻していた人(これについても小さな翻訳があります)であり、また自らの出自からもマイノリティに対する抑圧への批判的関心も強く、政治的には社会民主主義的立場に立っていると言ってよいでしょう。自分と関心が同じかどうかはわかりませんが、彼が歴史のヴィジュアルな側面を重視しているのは、おそらくは歴史をオーディアンスから、とりわけ一般の人々から見ていくという考えが、その基礎にあるからだと思います。そうした立場だからこそ、ポピュリズムを悪用することに対しては強い怒りがあるのでしょう。
 もちろん、ビジュアルな技術が大きく発展するようになったのは、写真の発明と映画の発明以降のことです。したがってそれ以前は、民衆的な空間における過去認識においては、voice とパーフォーマンスが大きな役割を果たしていました。サイモン・シャーマがケンブリッジ大学に招かれて行った講演では、初めに歴史的人物(アレキサンダー・ハミルトン)を扱ったラップ音楽が登場するという構成をとって、ヘロドトス以来の歴史の流れが「歴史空間」のあり方をとおして説明されています。実はこの講演の最後は、マルク・ブロックがナチスの犠牲になったことで結ばれ、また質問に答えて自分がもっとも親近感をもつ歴史家としてE・P・トムスンの名があげられていますが、そうしたことからもサイモン・シャーマの歴史研究者としての立場をうかがうことができます。
by pastandhistories | 2016-11-14 12:35 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23363814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

エピソード
at 2017-11-12 20:09
短期主義への批判
at 2017-11-05 21:08
1月13日
at 2017-11-02 16:57
二時間ドラマの構造③
at 2017-10-25 21:56
政治指導者の理性
at 2017-10-22 10:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧