歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

グローバルヒストリーの言語論的意味

 言語論的転回の意義は、言語が指示する対象(あるいは事実とされるもの)を必ずしも忠実に表すものでなく、その言葉が使用されるコンテクストや使用する人々の意識によって規定されたものであることを明らかにしたことです。
 たとえばこのことは、昨日も少し触れた global history の訳され方でも理解できます(というよりほとんどの言葉の訳され方にも共通しているかもしれません)。 global history はグローバルヒストリーと訳す(?)のが定訳化しましたが、中国語では全球史と訳されています。つまり日本語で地球史と訳すこともできます。地球は日本語を理解できる人なら誰でも知っている言葉ですから、むしろ地球史と訳したほうがいいかもしれません。グローバルヒストリーではそれを理解できる人は少なくとも高校生以上に、一般には大学生以上に限定されます。その意味ではグローバルヒストリーはあえて対象を限定した言葉です。
 グローバルヒストリーは対象を限定しているばかりでなく、実は意味内容を限定しています。地球史であれば、本来 global history が含意していた、地球の歴史、たとえば環境や気候の歴史、他の生命体との関係の歴史といったニュアンスが前景化し、逆に政治史・経済史的要素は後景化します。後者の問題は world history (世界史)としてこれまでも十分に論じられてきたことだからです。それをあえて global history として論じる必要は本来はあまりないからです。
 昨日も書きましたが、そうしたなかで world history に代えてあえて global history がもちいられ始めたのは、自己中心的な傾向のあった world history (欧米においては当然西洋中心主義的な世界史観)に代えて global な、つまり「地球」の歴史という言葉をもちいて、自らを相対化しようという意識が欧米の歴史研究者に生じ、それが一般的にも受け入れられるようになったからです。欧米のglobal history の研究者の少なくない人々が、本来はアジア研究者’であったり、イスラーム研究者であるのはそのためです。日本でもグローバルヒストリーの論者に、(英語のできる)アジア研究者、イスラーム研究者、さらにはアジア地域の世界経済における役割を強調する研究者が多いのも、そうした欧米側からの関心とマッチするところがあるからでしょう。
 しかし、現在の日本における global history 論におけるアイロニーは、それがグローバルヒストリーとして語られることが定着したことです。より以上に定着しているグローバリゼーションという言葉が、現在の日本の社会というコンテクストの中でどのように用いられているのかを考えれば容易に理解できるように、カタカナ語であるグローバル、グローバリゼーションという言葉は、欧米的なものへの同調を含意しています。たとえば「大学のグローバル化」は、英語授業を50%にすべきだとか、教員採用は英語での講義能力を条件とすべきだというような拙劣な議論(というよりそれがすでに実行されていること)と結びついています。つまり、 global history がグローバルヒストリーとして定訳化されるようになったことには、欧米的なものを前景化し、地球的なものがものを後景化するという、現在の日本の歴史研究者の意識が映しだされています。
 これは global history が本来意図していたものとは異なっています。その意味ではグローバルヒストリーは誤訳であるかもしれません、しかし、同時にグローバルヒストリーという言葉は、そうした言葉が一般化するようになった現在の日本の社会というコンテクストや、それを使用する歴史研究者の意識を反映するものとなっていると言ってよいかもしれません。だからこそ、この言葉を使用したほうが、本を売りやすいし、研究費も取りやすいわけです。残念なことですが自戒を込めて。
by pastandhistories | 2016-11-29 09:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23429480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

デジタライゼーションの30年間
at 2017-09-19 22:58
ENIUGH補遺
at 2017-09-17 21:32
ENIUGH-4
at 2017-09-16 22:12
9月13日、14日
at 2017-09-12 13:46
eniugh5-3
at 2017-09-08 06:23

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧