歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

12月23日

 すでにここで予告してあった12月23日(金)に関して、先週半ばからこれまでの参加者や各方面へのポスターの配布をしました。すでにペーパーの一部は届いていますが、当日の討論を十分に期待できるものです。以下、その通知内容を貼っておきます。なお開始時間は13:30(開場13;00)、場所は東洋大学白山校舎2号館、16階スカイホールです。

  東洋大学人間科学総合研究所の招きに応じてヘイドン・ホワイトが来日して以来、7年がたちました。以後もヘンドン・ホワイト自身は積極的な著作活動をつづけ、その成果を2014年に刊行された最新論文集 The Practical Past や、『思想』2016年11月号において訳出された「歴史的真実、違和、不信」などをとおして明らかにしています。海外でのホワイトに対する評価も活発で、欧米を代表する歴史理論研究者のホワイト論を集めた Philosophy of History : After Hayden White, edited by Robert Doran が2013年に刊行され、また単著としては、Herman Paul, White が2011年に刊行されました。また2014年65-1号のStoria della Storiografia においても、ヘイドン・ホワイトについての特集が組まれています。
2009年の来日講演、さらに翌年刊行された『思想』特集号(「ヘイドン・ホワイト的問題と歴史学」2010年8月号)は、歴史研究者を刺激することが多く少なからぬ反響を生みだすことができました。今回東洋大学人間科学総合研究所は、平成28年度井上記念大型研究助成プロジェクト「歴史研究の新展開とグローバルシティズンシップ」の一環として、「歴史的真実、違和、不信」の訳者であり、またホワイトの代表的論文、’The Burden of History’, ‘The Historical Text as Literary Artifact’ などを集めて来年3月に作品社から刊行される予定のホワイト論文集『歴史の喩法』の訳者でもある上村忠男氏、Storia della Storiografia のホワイト特集号の編集者であり、来年8月にホワイト論の刊行がラトリッジ社から予定されているカレ・ピヒライネン氏を招き、「ヘイドン・ホワイトの今」と題した公開セミナーを同封のポスターの内容で開催することとなりました。議論を充実したものとするために、賛否を含めてヘイドン・ホワイトが提起した問題に関心のある多くの方々の参加をお待ちしております。
なお本研究所では、プロジェクト「歴史研究の新展開とグローバルシティズンシップ」の今年度最後の試みとして、2017年2月23日(木)、25日(土)の両日に、第二次大戦後の都市建築史の研究者であり、同時にヒストリーワークショップ運動の新しい担い手として期待されている若手研究者ニック・ビーチ氏(クイーンメアリー大学)を招いての公開研究会を予定しております。詳細は後日となりますが、この機会にあわせてお知らせする次第です。


by pastandhistories | 2016-12-03 18:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23439854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

比較史②
at 2017-07-25 10:18
周縁と歴史
at 2017-07-19 10:56
セミ・グローバリゼーション
at 2017-07-15 17:38
未来の歴史
at 2017-07-14 12:25
いくつか
at 2017-07-07 09:53

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧