歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

壁の厚さ

 今年は卒業論文を読む必要がなく、その分時間があるはずなのに記事を書いていないのは、この間横文字を読むことが仕事の中心になっているため。時間をとられるので、他のことがしにくくなります。その合間を縫って、先週の土曜日はある人(このブログでは日本人研究者の個人的情報はあまり書かないようにしているので、ここでは実名はあげませんが、もちろんあの人です)の最終講義に行きました。自分と同じセンター入試の日と同日。自分は卒業生中心の行事なのでそれでよいと考えたのですが、同じ考えだったようです。考えてみれば50年以上の知人。昔はキャッチボールをしたり、スキーに一緒に行ったりしました。個人情報をここで書くのはあまりよくないけど、キャッチボールの際の球の回転数はもの凄くボールが伸びてくる、スキーも東京育ちだけど20日程度で準指導員の資格をとったという何をやっても一流の人です。もちろん学問的にも。
 普段はほとんどこうした会には参加しませんが、実は一昨年もある人の(この人もあの人です)会で挨拶を頼まれました。その時に言ったことは(この会は若い研究者が中心でした)、「皆さんおめでとうございます。邪魔者が消えてせいせいしていると思います」ということです。やっと新しい時代が始められるわけですから。と同時に、といっても「彼の壁を超えるのは大変なことだから、頑張ってください」とも言いました。なぜならそのことは自分がいつも先行的な世代に対して抱いていたイメージだからです。
 戦後思想を現在の段階で批判するのは、ある意味では一見簡単に見えます。しかし、以前書いたように、彼らの思想が戦争体験に支えられいたという重さを考えれば、それを越えていくのは本当は大変な作業です。そこには厚い壁があります。自分はつねにそのことをモティーフとしてきました。邪魔者が消えるのは嬉しいいことですが、その嬉しさだけで、「厚い壁」が打ち破れるわけではありません。

by pastandhistories | 2017-01-15 21:34 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23551006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

お気に入りブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56
ファミリーヒストリーとグロー..
at 2017-02-16 22:04
ファミリーヒストリーについて..
at 2017-02-13 11:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧