歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

革命記念日

 今日は革命記念日。どこの国の?もちろんロシアの。と言うと、ロシア革命は11月7日に起きたと日本の世界史教科書では習ったという人がいそうです。そうではなくて11月7日は自分の誕生日。昔は毎日ソ連では革命を記念する軍事パレードが行われて、ミサイルを先頭に自分の誕生日を盛大に祝ってくれました。11月7日は TOKIO の長瀬智也の誕生日でもあって、そのことを授業で言ったら、女子学生が彼に送ったチョコレートの残りを、自分にもくれたことがありました。
 なぜ11月7日ではなく今日がロシア革命の記念日かというと、11月7日は確かに冬宮を襲撃してそれまでの臨時政府を解体し、ソヴィエトがそれに代わる臨時権力となったけれど、そこで国民に対して約束されたことは、憲法制定議会の成立させるための選挙を行うことだったからです。翌年の選挙の結果、第一党になったのはボリシェヴィキではなく社会革命党、当然政権運営と憲法制定の権限を国民は社会革命党に仮託したわけですが、その憲法制定議会を実力で解散したのが、1月19日です。つまり一度はそこに権力を移行することが約束されていたはずの憲法制定議会の権限を剥奪し、ソヴィエト権力に一元化したのは1月19日であって、その意味では1月19日を革命記念日と考えてもいいわけです(あるいは正式にロシア社会主義連邦共和国の設立宣言が行われた1月23日でもよいかもしれません)。
 この意味で今年はロシア革命100年ではないと議論できそうです。しかし、皇帝が退位して帝政が崩壊したのは1917年の3月ですから、その意味ではやはり革命百年となります。でもだとしたら、つまり王政の廃止を革命の年と考えるなら、フランス革命で王権が停止されたのは1792年の8月ですから、フランス革命は1792年に起きたことになります。しかし、フランス革命の記念日は7月14日、バスティーユ襲撃の日です。フランス革命も通常は1789年に起きたとされています。革命記念日の決定(国民の共同記憶の構築)はこうした例からもわかるように、かなり恣意的なものです。ソヴィエト政権が、1月19日ではなく、11月7日を革命記念日にしたのは、自らの最終的な権力奪取の「非合法性」を隠蔽するためでしょう。
 というここまでの話は、しばしば議論される歴史の構築性にまつわる問題です。しかし、このことを今日書いたのは、もう少し重要な民主主義の可能性という問題に関してです。ソ連の公的史観においてばかりか、日本においてもロシア革命が11月7日であるとされていたことによって排除されていたのは、ロシア革命のもう一つの道、つまり憲法制定議会が権力維持に成功していたら、その後ロシアはどういう道をたどったのかという問題です。今度の池田嘉郎さんが書いた岩波新書のロシア革命論はそうした問題に触れているということなので、少し楽しみです。
 もちろんこうした問題は皮肉なことに、ロシアで憲法制定議会からの奪権が行われたその一年後の同じ1月19日に行われたドイツ憲法制定議会の選挙で、社会民主党が第一党となり、ワイマール憲法制定されていく(そしてこの政体において最終的にはナチスの権力奪取が行われた)という過程とも重なり合う現代史にとっても、きわめて大きな問題と重なり合っています。イフヒストリーには批判的な歴史研究者が少なくありませんが、もしロシア革命がドイツ革命と同じような道をたどっていたら、ドイツ革命のあり方も異なっていたものになっていたでしょうし、はたしてファシズムが形成されたかもわかりません。このように、民主主義の可能性を考える素材として、結果論にとらわれすぎることがなく、こうした問題を柔軟に考えていくことは、とても重要なことだと自分は考えています。

by pastandhistories | 2017-01-19 11:46 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23559931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

お気に入りブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56
ファミリーヒストリーとグロー..
at 2017-02-16 22:04
ファミリーヒストリーについて..
at 2017-02-13 11:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧