歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

世代

自分の世代には映画好きの人が少なくありません。その理由は子供の時に親に連れられて映画館に行くのが、習慣だったからです。その代表的な例が川本三郎さん。直接の知り合いであったわけではありませんが、たしか大学は同学年であったはずです。彼が朝日百科の『週刊世界歴史』に執筆していた歴史映画論は文化論ともしても優れたものです。その理由は『十戒』や『ベン・ハー』といったようなスペクタクル超大作だけではなく、いわゆるB級映画にも結構な目配りがあったからです。その一つの例が自分も親に連れられて見た『悪の塔』という珍作も取り上げていること。本当に愉しい作品。しかし、子供と一緒に見るような映画とは言い難い。この映画に連れて行ってくれた自由な父には本当に感謝しています。

どうして自分たちの世代が子供の頃にそんなに映画を見ているのかというと(長じても映画が自らの文化的枠組みとして大きな役割を果たしていたのかというと)、それは前述したように、親の世代にとっても映画館に行くのが、日常生活の一部だったからです。その理由はなんといっても、親の世代にとっては、映画が大衆文化となっていた時期が、ちょうど青年期に重なり合っていたからでしょう。自分の父親は1909年生まれですが、ちょうど青年期が世界的にも映画文化が大きく発展した時期。それをナチズムが利用したということも、広く論じられていることです。

しかし、自分が父親の趣味として思い出すことは、以前少し書いたことがあるように、レコードの収集家であったこと。これは終生変わらず、少し経済状況がよくなると、サラリーマンの月給の10倍近くになるようなプレイヤーを買ったりしていました。晩年はFM放送をテープに収録するのが日々の生活の一部でした。神保町で育ったこともあって秋葉原に行くのも大好きで、いろいろな電気製品の部品を一緒に買いに行ったこともあります。

自分は兄弟の仲では父親と趣味が一番共通するとことがあったのですが、残念ながら音楽にはそれほど興味を持ちませんでした。特にレコードには「機械」の音というイメージがあって馴染めないところがありました。どうしてこんなに「機械」の音が好きなのだろうという印象もありました。その疑問に対して答えてくれているのが、Conceptualizing Global History, edited by Bruce Mazlish & Ralph Buultjens,1993 に掲載されている John Joyce ‘The Globalization of Music; Expanding Sphere of Influence’ という論文です(この論文はマズィリッシュと入江昭さんが編纂したラトリッジから刊行したグローバルヒストリーのアンソロジーにも一部が掲載されています)。

ジョイスがその中で指摘していることは、電気を媒介とした音の文化の広がりです。彼によれば、1920年にラジオの受信者は1万5千人、それが1927年にはアメリカだけで、700のラジオ局と800万人の受信者があったとされています(前掲書、271頁)。ジョイスはレコードも同じように急速に拡大していったことを指摘しています。日本はこれにやや遅れたでしょうが、父親の青年期にはこれほど大きな文化的変化があった。そのことに父親やその世代の人々が大きな影響を受けたことは、間違いないでしょう。映画や自動車などの出現とその影響は(父親のもう一つの趣味は自動車でした)ある程度想像できることですが、音楽の形態(そして音の文化の形態)もまたこの時期に大きな変化を遂げていたことは、意外と視野の外に置かれがちです。その意味でジョイスの論文は面白く読めるところがあります。

最近は歴史研究でも世代論が随分と注目され始めていますが、自分の一つ前の世代にどうした文化的枠組みがあったのか、それが自分の世代にどのような影響を及ぼしたのかという問題は、普段意外と気づかない日常的なものの中からも見出すことができます。


by pastandhistories | 2017-01-25 07:22 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23574613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

お気に入りブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56
ファミリーヒストリーとグロー..
at 2017-02-16 22:04
ファミリーヒストリーについて..
at 2017-02-13 11:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧