歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

ファミリーヒストリー

 予告していたようにファミリーヒストリーの話を書きます。理由は、最近NHKの地上波で主として芸能人を素材に取り上げられ、大きな関心の対象となっているからです。またこのテーマは自分が歴史理論の問題をいろいろ考えはじめた時に、基本的なテーマの一つとしたことだからです。
 このブログでも何度か紹介したように、『国境のない時代の歴史』という本を1993年に出版したことがあります。タイトルからもわかるように、グローバリゼーションと歴史のかかわりを論じた本です。その第一章は以下のような文章で始まります。
「私はよく講義で学生に、『両親の名前を言えますか』と尋ねる。もちろんこの段階で『いいえ』と答える勇気のある学生はいない。次に『祖父母の名前を四人とも正確に言える学生はいますか』と尋ねる。ぱらぱらと『答えられない』という学生がでる。実は私も母方の祖父母は居住していた地域が異なり、また早死にしたこともあってよくは知らない。さらに『その上の曽祖父母の名前を八人いる場合は、全部を答えられますか』と尋ねる。多くの学生はこの質問にまずはほとんどが完璧には答えられない。彼らが知っているのは、せいぜい父方の曽祖父の名前程度である。
 このことはいろいろなことを教えてくれる。まず言えることは、認識の対象として男性に比し、女性の方が忘却されやすい、ということである。このことは、現在の日本の社会がなお父系的要素の強い社会であることを物語っている。さらに言えることは、個人が自分の家族を単位として実感としてもつ過去への認識は、せいぜい三世代、時間にして百年前後くらいなものである、ということである。
 こうした質問にくわえて、私は、『それでは三世代前の祖先に中国人や、韓国人、朝鮮人がいる人はいますか。それより遡れば、自分の祖先には中国大陸や朝鮮半島に出自を持つという人はいますか』とも質問する。この質問には、学生はとまどう。すでに混血化し、日本人としての国籍を取得した人にとっては、二重性をもつ自分のアイデンティティをあえて明示することのデメリットが、日本の社会ではいまなお少なくないからである。・・・・現在の日本の社会のなかで、そのルーツを部分的に大陸や半島に持つ人はかなりの数にのぼるはずである。私自身もその一人だと思うのだが、残念ながらその痕跡を明確に過去に辿ることはできない。多くの日本人にとってそうであるように、そうした事実が恣意的に自分の過去から消去されているからである。
 私はまた逆の観点から、『ヨーロッパ系の人が自分の祖先に混じっているいる可能性のある人はいますか』と質問することもある。これには結構『イエス』と答える人もいる。もっともその混入の度合いは、八分の一と十六分の一とか、かなり希薄である場合もあるのだが、にもかかわらず、そうした特殊性をむしろ強調する人も多い。
 しかし、常識的に考えれば、日本の社会では、部分的にそのルーツを大陸や半島にもつ人々のほうが、ヨーロッパにもつ人より圧倒的に多いはずである。にもかかわらず、前者が捨象されがちで、後者がむしろ実際以上に強調されるというところに、現在日本人がいだいているある種の歴史認識が端的に示されている。自分の個人的ルーツという点からもかかわりの深いはずの東アジア世界への認識が希薄であるのにたいして、個人的にみれば直接的関係はけっして密接でないヨーロッパとの結合関係が過度に強調されている歴史意識が、である」
 長い引用ですが、自分が20年前以上に書いていたのはこうした文章です。今週の夏木マリさんのファミリーヒストリーを見た人は思い当るところがあるのではと思います。
 引用が長くなってしまったので、今日はここまでにして、宣伝を加えておきます。『国境のない時代の歴史』(1993)は、日本でもっとも早い時期に書かれた?(世界的にも早かったかもしれません)グローバルヒストリー論として、興味深い本です(自画自賛)。当然もう絶版になっていますが、AMAZONでは「安く」古書として入手できます。一時期ものすごく安くなったのでみっともないと思って、学生に購入してくれたらサインすると言ったら(基本的には抜き刷りや献本には署名をしないのが自分の考え方です)、すぐに買ってくれた学生がいて、値段が持ち直しました。実はいまもかなり値段が下がっているので、もし関心を持って、購入してくれる人がいるとと嬉しいです。直接会わないと、サインはできませんが(笑)。
 ついでにもう一つ宣伝。この間出版した3冊の自著、編著はそれなりに捌けたようです。『歴史を射つ』はんまだアマゾンにはあるようですが、昨年で版元は品切れになりました。残りの2冊も「残部僅少」?だと宣伝しておきます。

by pastandhistories | 2017-02-11 12:52 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23618332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

エピソード
at 2017-11-12 20:09
短期主義への批判
at 2017-11-05 21:08
1月13日
at 2017-11-02 16:57
二時間ドラマの構造③
at 2017-10-25 21:56
政治指導者の理性
at 2017-10-22 10:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧