歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

パブリックな場の歴史とのかかわり

 キャサリン・ホジキンによるラファエル・サミュエルとヒストリー・ワークショップについての話は、コンパクトによくまとめられていて、とてもわかりやすいものでした。院生クラスだけでなく、学生にも聞いてほしいような話でしたが、日程的なこともあってそうした準備ができず、時期的にもいろいろな重なりから参加者が少なかったのは残念です。ホワイト論の時など、今年度のプロジェクトは理論的な問題の時は予想外に多い参加者があったのとはある意味では対照的で、現在の歴史研究者の関心のあり方、とりわけ非アカデミズム的なものに対しての関心の薄さを感じました。
 質疑でも出ましたが、ヒストリーワークショップ運動が提起した問題を考えるときは、practicing history, doing history と、making history, constructing history を少し区別して考えるのがよいのではと思います。前者はすべての人々が行うこと、後者は専門的な歴史家や state にその権限が委ねられているというようにです。そう考えれば、後者に対する批判としての前者の持つ意味が理解できるのではと思います。
 ところで、今日の『朝日新聞』の書評欄では、人類史(ビッグヒストリー)が大きく取り上げられ、クリスチャンやハラリの本が改めて紹介されていました。その理由はきわめて明確です。ベストセラーだからです。つまりパブリックな場でそうした大きな歴史が大きな関心を集めているからです。自画自賛になりますが、このブログはたぶんビッグヒストリー論を日本でもっとも早く紹介したものの一つのはずです。アメリカ歴史学会や世界史学会で行われていた小さなセッションの内容を紹介してきたからです。いずれも参加者は20人足らずで、それがこれほどの広がりを持つようになるとは記事を書いたときは正直予想できませんでした。
 逆にヒストリーワークショップ運動は小さな歴史の試みの一つです。問題は、ビッグヒストリーのような大きな歴史、ヒストリーワークショップ運動のような小さな歴史、そうしたものが伝統的な学問的な歴史の外部に位置するものとして扱われ、アカデミックな場にある歴史がそれを自らの内部にあるものとすることができないことです(実は小さな歴史でも、いわゆるミスロヒストリーとして、その実証性を根拠に学問的世界に位置しているものもありますが)。その点でアカデミックな歴史がパブリックな場での関心とかけ離れたものとなっていることです。
 という議論にはもちろん反論が成り立ちえます。たとえば最近の歴史研究は、戦国期やお城、あるいは武士の日常生活などをめぐる歴史ブーム、ヨーロッパ社会の貴族や庶民の暮らしへの関心、といったようなパブリックな場にある関心と結びついているというような議論です。しかし、そうした関心は何に支えられているのでしょうか。そうした関心の背後にあるのは、ナショナリティに基づく歴史意識、あるいはヨーロッパを日常的な趣味的な関心の対象とするモダニティへの同化意識ではないのでしょうか。
 その意味では同じパブリックな場での関心といっても、ビッグヒストリー論や、普通の人々にとっての歴史への関心は、前述のようなものとは質的に異なるものです。こうした関心にどうかかわっていくのかということこそが、現在の歴史研究にとっては、より重要な問題です。

by pastandhistories | 2017-02-26 09:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/23678721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

墓場にはもっていけない
at 2017-04-24 10:01
日本にあるだろうか
at 2017-04-11 16:35
ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧