歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

あったことをなかったとは言えない


「あったことをなかったとは言えない」。最近ある人が記者会見で述べた言葉です。このブログでも何度も触れてきたけど、この言葉はジョージ・オーウェルがスペイン内戦を経験するなかで、以後の結果的には残り少なかった人生の、そしてその間に書かれた作品のモティーフにしたことです。『カタロニア讃歌』『動物農場』『1984年』はいずれもこのモティーフのもとに書かれました。
 たとえ記録が抹消されても、あるいは改竄されても、あったことへの記憶は個人のなかに残されている。そしてその記憶が語られ、そしてその記憶の内容が「あったことであること」であることを他者が認めさえすれば、それは「資料」とは異なるものであっても、事実としての権利を辛うじて保ち続けていくことになる。
 したがって問題は、そうした記憶の権利を認めるかです。でも史料が意図的に消去されたり、改竄されていたら、その根拠は?。異なった記憶を語る人が登場したら?それに対して今日はここで改めて繰り返しておきましょう。「あったことをなかったとは言えない」と。そして彼の発言は真実であると他者である自分は判断していると。そしてその記憶を受け継いでいくと。なぜ?それはむしろこのブログを読んでいる人に、その答えを教えてほしいと自分は考えています。
 話変わって、明日からイタリアです。ラヴェンナである第4回国際パブリックヒストリー学会に参加するためです。この学会(パブリックヒストリー学会)はもともとはアメリカで始まったもので、最近になって国際化が進められるようになりました。昨年はコロンビアで大会があったようですが日程的に参加ができず残念でした。今年はイタリアということで行くことにしました。あまり準備ができていないので、ここでその報告ができるかあまり自信がありませんが、可能であれば少し報告のようなものを書けたらと思います。
 それからここで紹介した History and Theory の編集長であるイーサン・クラインバーグを招いての9月13日、14日の歴史理論・史学史についてのシンポジウムに関しては、イーサンが切符を予約してくれて最終的に日程が決まりました。自由参加で報告者を募りますので、我と思う人は発表を持ち寄ってくれればと思います。帰国後、他の人とも相談して正式の内容告知をする予定です。

by pastandhistories | 2017-06-02 15:49 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/237067393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

目次②
at 2017-12-14 20:03
目次①
at 2017-12-05 23:40
エピソード
at 2017-11-12 20:09
短期主義への批判
at 2017-11-05 21:08
1月13日
at 2017-11-02 16:57

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧