歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

IFPH①

 国際パブリックヒストリー学会に参加していると書いたら、大きなアクセス数。会議の内容を知りたいということだと思うけど、正直誰かに代わってほしい。と思って会場を探したけど、他に日本人らしい人は見つかりませんでした。もっとも時間的にはちょうど今が開会式。会はすでに始まっていて3時からの最初のセッションには出たけど、今日は一日大変だったし、これからが大変そうなので開会式はさぼりました。今回は自費参加。自費参加のいいところは、基金提供者に報告義務のないことです。自由に観光もできる。
 場所がラヴェンナということで、日本からだとローマ経由でボローニャに、夜10時過ぎ着なので、ボローニャに一泊し、電車でラヴェンナに来ました。とにかく暑い。陽射しも強力。いくら水を飲んでも汗が出るだけ、疲れます。「イタリアらしく」という言い方はよくないけど、やはりイタリア開催らしいところがあって、メールで登録しようとしたらリンクがはっていない、仕方なくメールを出してペイパルで払えるかと問い合わせたけど、なしのつぶて。くわえてネットに掲載されていたプログラムには時間が載っていないので、一体何時に始まるかが来るまではわからず。
 ということで念のために午前中に行ったら3時からセッション、しかしなぜか開会式は夜。プログラムをもらって初めて時間がわかったけど、「イタリア」なのに、朝8時半から、さらには夜まで。明日は夜の10時までやっている。基調講演。これを聞いていると大変なので多分今回はこれは全部パスするつもりです。しかも日程は5日間。いろいろ学会に出たけど、国際歴史学会はともかくとして、フルに5日間の学会は珍しい。
 たぶんその理由は第一回イタリアパブリックヒストリー学会と共催のため。多分今行っている開会式でそういう挨拶が行われていると思うけど、パブリックヒストリーをそれぞれの国での組織化をしていくことが今後の方向性になっている感じです。暑いけど、熱気もあります。学会は通常は初日は人が揃わないことが多いけど、最初のセッションはほぼ満席でした。参加者の6~7割程度が女性という印象。ネットで登録できなかったので会場で参加申し込みをしようとしたら、なかなか受け付けてもらえなかった。要するに配布セットがもうなくなっていたかららしい。結局一番最後の申し込みなのに、なぜかアーリーバートの最低会費で受け付けてくれた。多分予想を超えた参加者だったためのようです。
 そうしたことの理由は明日書きます。でも繰り返すけど、誰か他に日本人がいたら本当に助かります。
 なおこの学会は来年はまた南米、今度はサンパウロになります。

by pastandhistories | 2017-06-06 02:21 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/237075666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

new brave hist..
at 2017-06-25 13:57
言語論的転回を超えて
at 2017-06-24 10:48
パブリックヒストリーについて..
at 2017-06-23 15:43
パブリックヒストリーについて..
at 2017-06-22 10:05
パブリックヒストリーについて..
at 2017-06-21 10:41

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧