歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

ボーダースタディーズ

 先週参加したのはボーダースタディースをテーマとした研究会。会での報告の具体的な内容に関してはそれぞれの報告者によって行われていくと思うので、ここでは自分の感想を書くにとどめます。個々の発表については内容的にも細かいことがあるのでそれは避けて、最後の総括的なパネルについて書くと、報告者はクリス・ロレンスとイム・ジヒョン。ロレンスは自分の問題関心からボーダースタディーズということでそれと関わるナショナリズムの問題を取り上げたのですが、本人も認めていたように、参加者の関心とはややマッチしないところがあり、あまり議論は進みませんでした。イムもこのテーマが専門ではないでしょうが、議論は巧み。問題を五点に要約したけど、まずはつかみの議論で南半球と北半球では季節が違うという話から。普通に南北問題と言ってもいいわけだけど、季刊雑誌の「季節」を取り上げてそれを最初の持ち出したのには、彼らしいところがありました。またアイデンティティをアイデンティフィケーションという言葉で置き換え、アイデンティティは固定的なものではなく、つねに過程的に構築されているものだと論じたけれど、このあたりにもイムらしい議論の巧みさを感じさせました。もう一つ彼が指摘した重要なことは、ボーダーをアクターから捉えるということです。
 この問題はこのブログでも論じたことがあります。確認してみたら、2012年3月の「境界の形成、越境者の増大」、同じ年の9月2日の「野ばら」という記事でした。読み直してみると意が足りないところもあるようですが、そこで論じたようとしたことは、そもそも「ボーダー」というのは「国家」が構築されるに伴って同じように「構築」されたものであるということです。構築された「中央」から見れば「周縁」となるけど、歴史的にはそれ自体として主体です。したがってこうした地域をボーダーとして扱うのは、現在的な視点であっても、歴史的な視点ではありません。歴史的にはそうした地域はあくまでも主体として理解されるべきだからです。
 シュテファン・バーガー(彼の呼び方についてはこのブログで彼を最初に紹介して時に、ドイツ人なわけなのでベルガ―と書くべきかという記事を書いたことがあります。今回本人に確認したら、基本的にはそうだと言っていました。しかし、会ではすべての人がバーガーと呼んでいたので、バーガーと書いておきます。ボーダーレス化した人々に通有するインターナショナルネイミングです)も最初のキースピーチやその後のコメントで、ボーダーは(つねに構築され、変更されるものであり、またゾーンであったりラインであるという点で)プロセスであることを強調していました。
 その通りだと自分も考えています。たとえば16世紀までは大西洋がヨーロッパとアメリカ大陸のナチュラル・ボーダーであったわけですが、18世紀には13植民地がイギリスとネイティヴ・ステーツのアーテフィシャル・ボーダーゾーンであったわけです。国家を欧米のみに存在したものとはせず、アメリカンネイティブが保持していたシステムをステートとみなせばそうなります。ルイジアナ地域はある時期までイギリスとフランス、ネイティヴズのボーダーゾーンであったわけだし、テキサスもカリフォルニアもボーダーゾーンであったわけです(この二つは、考え方によれば今でもボーダーゾーンかもしれません。だからこそ人為的に壁を構築するという考えが生じたわけです)。
 どうしてもボーダーには国家、それも近代国民国家や大国が前提とされるところがあり、ボーダースタディーズにそのことは反映されがちですが、やはり歴史的には、そして現在的にもそう呼ばれている地域に住む人々を主体として考えていくことが当たり前のことだけど、必須です。

by pastandhistories | 2017-08-09 11:48 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tsyokmt.exblog.jp/tb/237494685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

look at, look ..
at 2017-08-18 14:07
ボーダースタディーズ
at 2017-08-09 11:48
今週の予定、今後の予定
at 2017-08-02 09:12
プロフィール②
at 2017-07-30 10:10
比較史②
at 2017-07-25 10:18

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧