歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

エピソード

 今日の朝日新聞の書評欄は一番目目立つところにか柄谷行人さんによる『メタヒストリー』の書評。びっくりしました。話題になりすぎている感、なきにしもあらずという感じですが、ネットでも書評者が妥当か、あるいはその内容が妥当かということで早速コメントがあるようです。今日はこのことについて一言だけ。
 ヘンドン・ホワイトが日本に来る前に、ホワイトに日本人の思想家・歴史家で誰が知っている人物はあるか、また著作を読んだことがあるか、聞いたことがあります。その時、一人だけ名前を挙げたのが柄谷行人さんです。どうしてかと聞いたらスタンフォードに来たからだと言っていました。本も読んだことがあるということで、褒めていました。
 以前書いたことがありますが、その後日本に来る準備として英語で読める色々な人のものを読んだようですが、ホワイトが自分に対し最初に名前を出した日本人は柄谷行人さんです。、

# by pastandhistories | 2017-11-12 20:09 | Trackback | Comments(0)

短期主義への批判

 『メタヒストリー』『実用的な過去』という初期の著作と最新の著作が相次いで訳出されたことでヘイドン・ホワイトへの関心が高まっている感じです。ネットを見ても随分と反響があるようです。歴史研究者によるものだけではないという感じもしますが、ホワイトの議論の意味を歴史の立場から考えてほしいということで、このブログでもいろいろと紹介してきた立場からすると、時代が多少は変化しているのかなという感じもします。
 しかし、自分としてはやや意外なのは、ほぼ時期を同じくして訳出されたデヴィッド・アーミテイジとジョー・グルディの『これが歴史だ』への反響が意外なほど小さいことです。ホワイトの訳出本に比較すると安価だし、内容を読みやすい。なんといっても海外では歴史研究者の間では、その出版形態もあって大きな反響を呼んだ本なわけですから、もう少し大きな反応があってもよいはずです。
 内容はきわめてシンプルに短期主義への批判。研究対象をきわめて限られた時間と場に限定した詳細な実証に歴史が陥っていることへの批判です。歴史に特有な長期的なパースペクティヴを生かした歴史研究を行うべきだし、コンピューターの発展によってビッグデータの利用が可能になった現在こそ(あるいは今後は)そうした方向性に歴史研究は向かうべきだという主張です。そのことが歴史の社会的有用性を取戻し、人々の関心を呼び寄せるものになるはずだということです。念のために捕捉すると、こうした主張をしているからといって、実証的な研究やミクロ的な歴史をそれ自体として否定しているわけでありません。
 先日文化功労者に高名な歴史研究者が選ばれました。自分でもさすがに驚いたのは、この人物は昨年か一昨年かに刊行された本の中で、「筆者自身以外は誰も読まないような論文」が大量に生み出されていると書いていました。他の歴史研究者はこんなことを書かれて悔しくないのでしょうか。といっても、この批判に反論できる歴史研究者はどれくらいいるのでしょうか。
 そうした問題を考えるためにも、この本は歴史研究者の間でもう少し話題になってもよいような気がします。よい解説的な紹介が出るという話もあるので、それを期待しています。


# by pastandhistories | 2017-11-05 21:08 | Trackback | Comments(0)

1月13日

 今日は会の告知となります。
いつもここでお知らせしているプロジェクトの招聘セミナーは, Blackwell から今度でる(来年3月) パブリックヒストリーのアンソロジー(Companion to Public History)の編集者である David Dean を招いておこなうことが決まりました。日時はセンター入試とぶつかる1月13日(土)です。この時期は既に予定が入っている人も多いのではと思いますが、都合がつくようならご参加ください。予定としては、上記の本の序文の執筆を終えていると思うので、パブリックヒストリーの現状と今後について総括的な話をしてもらえたらと考えています。多分テーマとしては、博物館、サブカルチャーと歴史、デジタルヒストリーというようなことを話題にしてくれるのではと思います。
 それから以前プロジェクトで招聘したカレ・ピヒライネンの本が9月に立て続けに出たようです。リシンキングヒストリーへの投稿を集めて編集した編著が2冊、それからヘイドン・ホワイトの議論をふまえてパプリックヒストリーへの流れを論じた単著が1冊です。単著はキンドルでも読めますが、それぞれまだハードカヴァーだけなので、値段は高めです。予算がある人には購入できるかもしれません。


# by pastandhistories | 2017-11-02 16:57 | Trackback | Comments(0)

二時間ドラマの構造③

 久しぶりに二時間ドラマについて書きます。二時間ドラマで重要な役割を果たしているのは過去の出来事。しばしば登場するのが、20年前の出来事への怨念とか復讐心というものです。そうした筋立ての中で過去はどのように登場するのかというと三つの形式。
 一つは、大体が子供の時期に、親兄弟や知人が自殺に追い込まれた、あるいは殺害された事件を目撃した、あるいはそうした人々の死の間際に「恨み」「怨念」を伝えられた、というものです。
 もう一つは、そうした事件についての記憶や、あるいは真相は知らなかったけど、それを伝える証拠を偶然見つけた、証言を偶然立ち聞きしたことによって過去の事実を知るにいたったというもの、
 さらには、前の二つが重なっているような場合。具体的には記憶はおぼろげだったけど、その記憶を蘇らせる何らかの事件があったというものです。
 いずれにせよ、二時間ドラマにおける犯人の動機は、とりわけ美人女優が主役なら、多くの場合はその殺人の動機はほとんどが「過去」の事件に基づくものとして説明されます。「謎」を作り出すための文法です。しかし、歴史研究者の立場からすると、過去がこんなに殺人を正当化していいのかという疑問があります。逆説的に言えば、過去への知識である歴史は、そうした行為を正当化するためにもちいられてきたのかもしれません。
 二時間ドラマの場合は、そのように過去に根拠を置いて行われた行為、つまり殺人は必ず発覚し、犯人は自殺するか、罪を悔い改めるために逮捕されます。なぜなら、それは個人的行為だからです。個人的行為としての殺人は、いかに過去に基づく正当性を保持していようとも、処罰の対象となります。
 しかし、集団で学ばれる過去認識、つまり歴史がそうした行為を正当化するものであった場合は、その行為者は処罰されません。個人として過去を認識し、それに基づく行為を行えば処罰の対象となる。しかし、集団として過去を認識し、それを行っても処罰の対象とはならない。二時間ドラマ(サスペンスドラマ)と戦争映画の違いです。

# by pastandhistories | 2017-10-25 21:56 | Trackback | Comments(0)

政治指導者の理性

 このブログにはどの記事にアクセスが多かったということを示す機能があります。昨日それを見て驚かされたのは、今月は「政治の逆説的転回」という記事に一番アクセス数が多かったことです。そこでも書きましたが、自分の本来的関心は政治の問題ですが、このブログは基本的には歴史に対する考え方が中心。読んでくれている人の関心が政治にあったことは意外でした。
 そこで今日は政治の逆説的転回という問題から書いてみます。最近そうした角度から政治史を分析した本が出ました。長谷川貴彦さんの『イギリス現代史』[岩波新書)です。この本の内容はまずは、第二次世界大戦期に労働党が内閣に加わり、そこで作成した戦争遂行のための経済統制プランが実は戦後の福祉国家の起点となったということが指摘されています。社会民主主義政党の戦争協力は第一次世界大戦に関してはレーニンが強く批判したことなわけですが、戦争協力が福祉国家の起点となるという逆説的な転回が、政治にはこのようなかたちで生じることがあります。
 同じような逆説的転回は現在の日本政治にも見られます。たとえば経済政策としてはネオリベにもっとも近いはずの自民党の安倍首相がしきりに強調してしているのは、幼児教育の無償化であり、維新の松井党首が主張しているのは、大阪府では高校教育を私立も含めて無償化したということです。つまり彼らは、ネオリベとは必ずしも結び合わない福祉の実績を強調しているわけです。
 実はこうしたアイディアが日本の社会に本当に定着したのは、戦争直後の社会党政権においてではなく、美濃部都政に代表される革新自治体によって本格的な福祉政策がすすめられて以降です。以来、福祉政策は保守派ですら選挙において無視できな社会的合意となっている。そうした逆説的な転回の一端が今回の選挙でも見られています。
 それにしても昨日の秋葉原の状況は酷かったですね。日の丸を振って、安倍万歳。森友学園の幼稚園と同じ光景だということで、ネットでは安倍晋三記念秋葉原幼稚園と揶揄されている。それ以上に問題なのは、気に入らないメディアを取り囲み、攻撃したということです。そういう支持者が一部に出ることはあったとしても、それを諌めるのが理性的であるべき政治指導者の役割。それが先頭に立って気にいらないメディア攻撃を煽っている。本当に残念です。
 残念と言えば、ホワイトの会で成蹊大学で教えたことがあると言ったけど、それを依頼してきたのはナチズムの問題に本当に誠実に取り組んだ村瀬興雄さんです。村瀬さんの授業に、間違いなく安倍首相は参加していたはずです。安倍首相の頭の中には村瀬さんの誠実な訴えは入らなかったのでしょうか。

# by pastandhistories | 2017-10-22 10:55 | Trackback | Comments(0)

praciticality

前回書いたのが10月10日。ということで久しぶりということでもないけど、久しぶりという感じがします。その理由はこの10日ほどは、原稿書きに集中していたから。以前少しふれたことのある書き下ろし。どうしてもまとめられないところがあってずっと棚ざらし。もう断念しようかなと思っていたのですが、外語の会が終わったのでとりかかりました。ある出版社が企画に載せてくれていてその締切が11月15日。ただそこまで延ばすと他の仕事ができない。ということで一気に。全体で400字詰め、486枚。かなりの量です。まだ締め切りは先なので、もう少し見直しますが、それが今日終わったので、ほっとしているところです。これだけ一気に書きあげられたのは、外語の会で触発されることがあったから。研究会というのは、物を考えるきっかけになるということで、役立つところがあります。
 その外語の会にちなんで『メタヒストリー』の翻訳についての話題。自分が大学院生だった頃、指導教員がある本の訳書のコピーをとってくれないかと依頼してきたことがありました。有名な本。原書を持っているはずだし読んでいるはずなので、どうしてですかと聞いたら、授業のノートを作るには訳書の方が早いという返事。変に納得した記憶があります。そうした点で訳書は便利です。人によって違うとは思うけど、自分の場合は原書と訳書だとかかる時間は5倍以上。それ以上のこともあります。時間を節約してくれるという点で訳書は便利。その点で訳者のことをいつもリスペクトしています。要するに訳書にはプラクティカリティがあります。
 自分はそうした点で翻訳はある種のサーヴィスだと考えています。ただ訳書をめぐっては、訳語や表記の問題で批判が繰り返される。そのなかには随分と虚しく感じさせるものがあります。ということで自分が専門のチャーティスト運動に関しては、訳書を出すのなら同じ専門的研究者と一緒にということで古賀秀男さんとずっとその候補を探していました。幸いにしてもっとも代表的な研究者であるドロシー・トムスンがゲラの段階で原稿を送ってくれて、さらにはある人が出版社を紹介してくれて、500頁ほどの本で二人で訳語を統一しながら作りました。そうした協力が、訳書をさらにプラクティカルなものとすると考えたからです。
 そうした考えからすると今回のアマゾンのブックレビューはすごく残念です。断っておきたいことは、自分は監訳者である岩崎さんとは、ほとんど会ったことはありません。ヘイドン・ホワイトを招いた時にセミナーに参加してもらったのが初めて、その後一回あったような気がしますが、それから今回外語の会に招かれるまでまったく会ったことがなく、連絡をしたこともありません。いわば部外者です。そういう立場からこのブログは書いています。自分が研究者として一番大事だと思うのは、プラクテカリティ。このブログもそうした意味で書いています。読んでいる人の実際的な参考になればいいということです。
 今回のアマゾンへの書き込みは一部を取り上げるかたちで匿名で行われた。それでいいのでしょうか。少なくとも、名前を明らかにしてさらに具体的に内容を示す。可能であればそれを今回の訳者との協議で、もし再版される機会があれば、それにいかす。それが読み手が求めるプラクティカリティに対応するものです。ホワイトの本を読んでいてわかることは、随分と論争的に見えるけど、学者的な論争をけっして自己目的化はしていないということです。あくまでも読者が問題をさらに考えていくための問題提起、そうした読者に対する姿勢です。
 あえて厳しく言いますが、学問は学者同士の自己目的な論争のためにあるのではないということが、ホワイトのもっとも基本的な考えだと自分は考えています。もっとお互いにリスペクトしあうべきです。

# by pastandhistories | 2017-10-19 22:33 | Trackback | Comments(0)

19世紀的な形式

 昨日少し長く書きました。この記事には多分こんな反論があると思います。「資料自体が映像を媒体としたより事実的なものである以上、現代史を対象とした再現前化・表象を行う場合は、文字的ではなく映像的なものですべきだという議論はわからないでもない。でもその場合、封建制とか資本主義、あるいは上部構造や下部構造、歴史の発展法則というようなことは、どうやって論じることができるのか」という問題です。
 実はこのことは現在ではすでに「折衷的」に行われています。歴史を「教育」している人は、そのことに自覚的であったか、非自覚的であったかはともかくとして、パワーポイントなどを駆使しながら、図像的な、あるいは映像的な資料を媒介として、「言語的」な論述を行ってきているからです。啓蒙的な一般「書」において現在図像的資料が用いられていないものはまずは見当たりません。最近ではもちろん「図像論的転回」というように、図像的資料をもちいた学術的論文も出現し始めています。
 しかし、そうした「折衷的」な方法で事足れりとしていいのかというと、そこには大きな問題があります。実はそうしたさいにもなお使用されている概念の多くは、19世紀的な歴史、つまり文字的なものを媒体として成立していた歴史にあったイデオロギーや論証の形式を多くは継承したものだからです。とりわけ歴史叙述の一部が歴史学としてディシプリン化されるにともなって生み出されてきたものを継承したものだからです。
 ホワイトが批判しているのはそのことです。20世紀に入ってからいわゆる近代的技術の発展、さらにはそれに伴った人々の意識の変化によって芸術においても、科学とされるものにおいても、大きな変化が生じました。たとえは小説を例にとれば、意識の流れやアンティストーリーといった形式、そのことは小説というジャンルを例にとった一つの例なわけですが、芸術一般においては対象を忠実に模写するのではなく、直観的な、抽象化した表象を通しての対象をむしろ解体・分解していくという表象形式がとられるようになりました。ホワイトが19世紀的なリアリズムに対してモダニストというかたちで論じているものは、そうした形式をもつ芸術や、あるいは科学のあり方です。あるいは人々の意識のあり方です。
 おそらくそうした技術的・知的革新を受けて生ずるべきものは、別の言い方をすると、形式の変化を受けて生じるべき、内容(歴史の場合は過去の実在)への理解は、これまで支配的なものであったものに代わる幅広い可能性を持つべきものだ、というのがホワイトの主張です。ホワイトの議論をめぐって、それでは事実はどのように認識できるのかと議論することも、重要なことかも知れません。しかし、自分がそこだけに議論を集約してはならないと思うのは、そうした議論は結局は問題を「学者」の間の議論にとどめてしまうからです。ではなくて、普通の人々の間にある過去認識のことをもう一度考えてみる。自分が最後に『歴史実践」ということを提起したのもそのためです。ホワイトが「歴史学的過去」(historical past・・・この訳語は佐藤啓介さんが付けてたものですが名訳だと思います)に対して、広く人々の間にある実用的な過去に立ち返ることを主張しているのもそのためだと自分は考えています。

# by pastandhistories | 2017-10-10 09:43 | Trackback | Comments(0)

歴史の一部

 おとといの会で出版社の人に『メタヒストリー』の初刷りの部数を聞いて少し驚きました。価格が高いので部数を限定したのかと思ったのですが、予想を超えた数でした。今どき人文系の学術書でそんなに刷っていいいのかと思うところもあるけど、かなりの勢いで捌けているようです。
 でも買ったはいいけど読者はどう読むのでしょうか。最初が面倒くさいですね。喩法「トロウプス」の説明。多分以前からあったメトニミーを換喩、シネクドキを提喩と訳すのはこれで定着していくと思いますが(今パソコンで入力したら一発で変換してくれました。すでに十分に定着していたということかもしれません)、いったいなぜそのことをホワイトは問題とするのか。これまでも多くの解説でそれが「誰の考え」に「依拠」しているのかは、説明されてきているわけですが、「どうして」という問題は意外と説明されていないような気がします。自分はこの問題はシンプルに考えています。部分が全体を代表するとして、残りの部分を無視するのはおかしいし、恣意的に選び出された部分をつなぎ合わせれば全体が形成されるという考えも論理的には厳密さを欠いている。逆に全体が措定されれば、それが部分を代表しうるとするのも、飛躍があります。ホワイトの発想の起点となっているのは、そうした安易な立論への批判なのでしょう。
 少し議論がずれますが、ホワイトの歴史学への批判は、部分が全体であると称していることに対するものだと自分は考えています。ホワイトを議論すると、歴史は事実かということに、あるいはどうしてフィクションが事実になるのかというところへ議論が向かってしまう。おとといの議論にもそんなところがありました。こうした議論の仕方は、もっと大事なことを見落としているのではと自分は考えています。
 歴史とされるものもその一部ですが、人々の過去認識には多様な形態があります。そのことは自分がどのようなものを媒体として過去を認識しているのかを考えれば、すぐに理解できることです。現在大学をはじめとする研究機関で行われている歴史研究が事実性を根拠としていることは確かなことです。相当に恣意的な内容が含まれるようになったとはいえ、学校教育における歴史はなお事実性をその根拠としています。その点では一定の虚構を許容するとされる小説や映画とは違いがある、それも確かなことです。
 これからも大学などの研究機関や、専門的な歴史研究者とされる人々の間では、事実性に根拠を置くかたちで歴史が論じられていくはずです。そのことは人々の過去認識を助けるはずです。また文書間や資料館での資料の収集や保存も行われていくでしょう。そのことも人々の過去認識を助けるからです。そうした営為自体を否定する必要はありません。しかし、大学のような本来は開かれた真理の追究の場であるところの歴史が、そのようなかたち限定化されることには大きな問題があります[「文書」館であれば、本来の目的からして、それでも構わないのですが)。
 なぜなら、そうした作業は広く歴史とされるものの一部、広く人々がもつ過去認識の一部にしか過ぎないからです。その一部が歴史研究の可能性を阻害すべきではありません。たとえば現在では圧倒的多くの歴史研究者は、歴史を文字で表象している。ほとんどの大学では、卒業論文を「書かなければ」史学科を卒業できない。歴史研究者になろうとするなら、博士論文を書かなければ歴史研究者になれない。なぜならそうした研究の場を支配している「権威ある」歴史研究者は、それだけを「事実的」な歴史と考えているからです。しかしよく考えればすぐにわかるように、歴史「叙述」というのは、本来的にありうる歴史のほんの一部に過ぎません。事実に沿ったより正確な表象をしようとすれば、映像や音声が伴わなければいけないということは自明のことです。なによりも現代史を対象とするなら、より正確に過去を伝える史料自体が、圧倒的に記録・保存された音声や映像なわけだからです。事実をより正確に表象することが歴史研究の成果であるべきだというのなら、学生や大学院生に課せられるべきは、卒業論文ではなく、卒業映像であるべきでしょう。
 つまり歴史は事実であると主張する現在の歴史学は、文字的な歴史を絶対化している「一部」によって支配されている。したがってそのことに根拠を置くかたちで人々に強いられている過去認識もまた「一部」によって支配されているものでしかありません。「歴史の事実」ではあっても「過去の実在」とはほど遠いものということになります。ホワイトが批判したのはそうしたことだったのだと思います。ホワイトが「過去の実在」自体を否定しているわけではないと繰り返しているのもそのためです。こうした意見は極端でしょうか。自分の経験を振り返りながら、よく考えてください。たとえばテレビニュースと新聞は、どちらがより事実的なのか、どちらがより構築的なのかというようにです。実はそのどちらも構築的です。そう考えた時、フィクショナルなるなものとされる映画や小説から、ある種の現実の社会についての認識を、あるいは過去の実在についての想像的理解を、私たちが作り出していることに気づくはずです。

# by pastandhistories | 2017-10-09 21:54 | Trackback | Comments(0)

昨日について

 昨日の外語大の会はテーマとしては一般的なものが設定されていたわけですが、「メタヒストリー」の翻訳出版に開催を合わせたという部分があったので、自分としては「日本では」これまでほとんど論じられてこなかった、ホワイトの思想的経歴や議論の基本的な枠組みを紹介することに中心を置きました。しかし与えられた時間は短いということで、いくつかのインタビューを翻訳紹介したわけです。翻訳は自分のために以前作成していたノート的なもので、今回は正式には二週間前の依頼ということで、点検する時間も全くなかったのですが、参加したとりわけ若い人が(若い人が多かったことには随分と力づけられました)参考にしてくれればと思います。
 ホワイトが日本に来た時も、実は事前に自分の手元には5本のペーパーが送られてきました。同時に、未発表であったものが多いペーパーを添付したメールには、「お前が自由に誰に対しても配布してよい」と書かれていました。何度かここに記してきましたが、ホワイトは学問に対してそうした考えを持っている人です。自分も研究会での発表者や質問者の役割は、自分の正しさを論じることではなく(それが絶対に、誤っているというわけではありませんが)、限られたものではあっても参加者にとって有益なものを提供することだと考えています(このブログもそうしたものとして書いています)。不十分なものですが、多少でも役に立ててもらえばと思います。
 ただ予想されたように時間が全然足りなくて、実際の歴史研究に対するホワイトの影響という問題を、具体的な形で紹介することはできませんでした。会が終わってからイム・ジヒョンが話かけてきて「ホワイトのバイオグラフィとして知らなかったことを知ったので有益だった」と言ってくれましが、そうした印象を多くの人に与えるのにとどまってしまったのは少し残念でした。
 そのイムジヒョンの発表と質問については少し残念なところがありました。イムがホロコーストを映画(フィクション)のあり方にホワイトの議論を結びつけたのは、イムらしいシャープな問題提起でしたが、その後の質疑はやや一般的なレベルにとどまっていました。一番残念だったのは、そこで議論されたような内容は、すでにポストモダニズム的な歴史論の系譜な中での重要な人物であり、『リシンキング・ヒストリー』の創立編集者としてポストモダニズムの立場からの歴史のあり方を議論する場を作ってきた、ロバート・ローゼンストーンが「映画と歴史」「映像と歴史」という問題としてすでにきちんと議論してきた問題だからです。
 イムヒジョンも自分の報告でそのことに気付いたようで、後でローゼンストーンは読んでいなかったのでこれから読んでみると言っていました。自分の責任だとも思いますが、ローゼンストーンの議論に関しては、『歴史を射つ』のなかで彼がこの本のために書いてくれた要約的な文章が翻訳されていますし、自分の『開かれた歴史へ』でも紹介論文が掲載されています。またテッサ・モリス・スズキの『過去は死なない』でもローゼンストーンは紹介されていたはずです。
 ローゼンストーン以外にも Marnie Hughes-Warrington, History Goes to the Movies (2007), ジェローム・デ・グルートの一連の著作、など方法論的に優れたものも随分とあるし、何よりもインデアナ大学を中心とした Film and History や、ここでも紹介したことのある IAMHIST などの活動(すでに1980年代から始まっていた)をとおして映像と歴史の問題は随分と議論されてきました。日本の歴史研究がそうした歴史の方法に対する関心をほとんどたどれていないために議論が基本的なことの繰り返しにとどまっているのは、本当に残念です。

# by pastandhistories | 2017-10-08 10:45 | Trackback | Comments(0)

10月7日

今日は昨日の続きのようなことを書こうかとも思ったのですが、もう日にちもないので、今週の土曜日の予定を書いておきます。ヘイドン・ホワイトのいくつかのインタビューの紹介をとおして、彼の考えの一端を紹介する予定です。今日からはその準備をします。

    国際シンポジウム「『メタヒストリー』の射程で考える歴史叙述と記憶の問題系」

時間:2017107日(土)13時~17時半

場所:東京外国語大学(府中キャンパス)、本部管理棟、中会議室

趣旨説明 岩崎稔(東京外国語大学教授・訳者代表)13:00-13:15

第一部 《ホロコーストと表象の限界》 13:00-14:45 モデレーター:岩崎稔

「『メタヒストリー』とアウシュヴィッツのアポリア」林志弦〈韓国・西江大学教授〉

「ホロコーストをどう表象するか――「実用的な過去」の見地から」上村忠男〈東京外国語大学名誉教授〉 

第二部 《思想家、ヘイドン・ホワイト》 15:00-15:45

「インタビューのなかのヘイドン・ホワイト」岡本充弘〈東洋大学名誉教授〉

第三部《『メタヒストリー』論争の現在》 16:00-17:30 モデレーター:成田龍一 

「物語論的転回2.0 『メタヒストリー』と現代歴史学」長谷川貴彦(北海道大学教授)


# by pastandhistories | 2017-10-04 06:27 | Trackback | Comments(0)

政治の逆説的転回

 ある時期からやたらに研究領域の自己規定を求められるようになりました。結構面倒くさいけど、自分の場合はイギリス史・歴史理論あるいは政治史だけで済ましていましたが、次第にグローバリゼーション論が入るようになりました。さらに細かく求められる時には、社会運動史、議会制度史、グローバルヒストリーと記したりしています。
 というように、自分の本来的専攻は議会改革を求めた民衆運動の歴史。したがって政治理論の本は随分と読みました。可能なら、とりわけ退職後はそうしたことについて書きたいとは思っていたのですが、残念ながら歴史理論関係の注文が先行していてしまい、なかなかそこには手が回りません。このブログもタイトルは「歴史の諸問題」。でも基本的には自分が関心を持つ続けていることの一つは、政治の理論的分析(そして実際的な改善)です。
 そこで今日は現在の政治状況についてコメントしておきます。昨日今日の最大の問題は、民進党からのリベラル派の離脱。簡潔に言えば保守・保守・革新[あるいはリベラル)の三極体制が、少なくとも今回の選挙では成立したということです。この問題について、一部には民進党の分裂は安倍政権に利するという報道・分析がありますが、これは虚偽です。むしろすでにとられた世論調査が示すように、安倍首相の支持率は再び後退しました。
 なぜこのようなことが起きるのか。それは1960年代以降の日本政治を考えるとわかります。1960年代以降の日本に生じたのは野党の多党化現象です。民社党の形成、公明党の成長、共産党の支持拡大、中選挙区制度のせいもあって、このことは加速化され、ついには自民党の過半数割れという現象が生じました。実はこの時この現象を引き起こしたのは、中道保守としての新自由クラブの結成です。しかしこののち進行したのは、新しい補完的な保守政党の形成です。小池都知事や前原議員が参加していた日本新党、小沢議員が率いた新進党、後は限りがないのですが、みんなの党、維新など多くの新しい保守党が出現したわけです。しかし、そのことによって起きたのは自民党の衰退ではなかった。逆に社会党、社会民主党の後退に象徴される革新政党の衰退です。さらにもう一つの現象が同時に進行します。それはかつての自民党の指導者であった長老たちが嘆いているような、自民党の超保守化です。その象徴が安倍首相です。
 なぜそのような現象が起きたのか。それは保守の分極化が逆に中間層を引き寄せ、自民党のさらなる保守化を可能にする働きをしたからです。政治の逆説です。このように考えれば、今回の民進党の分裂は、実際にはきわめて保守的な内容の政党の出現ですが、形式的には反自民党という選択肢を拡大したという点で、安倍首相への支持をさらに下げる役割を果たすはずです。そのままでは安倍首相が退陣する可能性が生じたとはいえ日本政治の危機はさらに進行する可能性もあったわけですが、リベラルな部分が新党を立ち上げ第3極への流れを作ったことによって、補完的保守政党の形成による政治全体の保守化というこれまでの動きとは異なる現象が起きるかもしれません。政治学的に見ると、政治はしばしばそうした逆説的な転回を示すことがあります。

# by pastandhistories | 2017-10-02 18:26 | Trackback | Comments(0)

ロジックとゲバルト

 大学では最近クリティカルシンキングという議論が話題となることがある。授業の目的の一つとして、議論されることが多い。欧米の大学での試みを取り入れようということらしい。しかし、欧米での流行だからそれを導入するというのでは、まさにアンクリティカルな思考だろう。といっても、物を考えることを生業とするのなら、クリティカルな思考は大事。現状肯定的な思考はどうしても、イロジカルなものとなりがちだからである。
 その大きな理由は、現状は基本的にはゲバルトによって支えられているからである。欧米中心的な現在の世界のあり方は、歴史的には数多くのゲバルトによって生み出されてきた。したがって、現状肯定的な多くの思想もまた、その背景にあるのはゲバルトが生み出した力関係である。したがって、いくら非論理的であっても、その存在は許容されている。それどころか、しばしば、多数派として勝者の地位にある。しかし、いくら勝者の地位にあるからと言って、純粋に論理的に考えることを生涯の道として選んだのなら、そうした場に身を寄せることは虚しい。
 専攻の選択の時に、結局は西洋史を選んだのはそんな理由からだったかもしれない。ここでも何度か書いてきたように、実証というレベルであれば、日本史の方が歴史研究者の進むべき道であり、さらには人文学を科学として考えるならば、歴史学より社会学を選ぶのが、より確かな道であることを否定することは難しい(絶対に否定しえないというわけではないが)。しかし、自分が欧米の研究を選んだのは、圧倒的なゲバルトに裏付けられた欧米の思考的枠組みを批判し、解体していくためには(それは近代以降の日本を批判し、解体することにもなるはずだが)、欧米に内在化してそれをロジカルに批判する必要があるだろうと考えたから。
 歴史批判にもそうした問題がある。歴史批判には大別すると二つの立場がある。外在的批判と内在的批判。外在的批判というのは、たとえばテキスト論・言語論のような議論を媒介として、歴史哲学的な立場から歴史学や歴史叙述を批判するものである。厳密な批判も多く、議論としては優れているものもある。しかし、この批判は実際の歴史家からはほとんど無視されている。対して内在的批判というのは、具体的な歴史研究や歴史叙述をとおしての批判ということになる。自らを同じ立場においての批判ということになる。
 この両者では内在的批判の方が、歴史家に対しては有効性があるかもしれない。それは欧米に対する批判としても、内在的批判のほうがそれを論理的に批判しうる可能性を持つのと似ている。しかし、残念ながらその可能性は実際には限りなく小さい。それは歴史にしても、欧米にしても、それらがある種の暴力的関係によって生み出され、そして支えられているものだからである。しかし、だからこそ、それを内部から論理的にも、実際的にも打ち破っていく方向性を考えていくことは「楽しい」。
(このブログはなるべくやさしい文体を心がけていますが、時々文章の流れで別人のものみたいな文体になってしまうことがあります。今日はそんな感じかな)。

# by pastandhistories | 2017-09-26 16:55 | Trackback | Comments(0)

デジタライゼーションの30年間

 デジタル技術の発達について、自分の経験にもとづいて前回の記事に少し補足して書いておきます。歴史研究者、とりわけ西洋史研究者は、元号表記に好意的ではないけれど、現在のように世代的な変化を示す場合は多少便利なところもあります。平成も来年でおしまい。30年が一つの区切り。
 ではこの30年で起きた大きな変化、それはパソコン使用の急速な拡大です。オアシスの親指ソフトと言っても、もう若い研究者は何の事だかわからないかもしれません。同じように88シリーズも。しかしすぐに消え去るこれらが出現したのは今からわずか30年前。平成元年の頃の話です。この年は、自分が地方の国立大学から、東京の私立大学へ移った年。経済的にはバブルがつぶれ始めた年。
 実は自分は地方の国立大学でずっと(教授会の選挙で選ばれて)学部の予算委員をしていました。予算の分配案の作成と特別予算の申請が主たる仕事。何か特別に予算を請求する名目はないかということで考えたのが、教員定員48人の文系学部の教員の全研究室にパソコンを配備するという文部省への特別予算請求。当時1台100万円で総額4800万、当時学部全体に配布される予算が、事務経費など一切を含めて年間4000万円だったので、それを超える額。したがって1年に16台づつ配置して、3年で計画完了というもの。これが確か平成63年の話です。
 普通はこうした予算請求は絶対に通らない。たかをくくっていたところ、なんとモデルケースとして満額承認。それからが大変。今では考えられないけど、最初の年度の16台の使用者が集められない。使ったことがないから。あるいはそんなものは不要と言い張る人も多かったから。仕方がないので、経済学科を中心に本当に何とか頼み込んで、やっと使用者を確保しました。30年前は、研究者とパソコンの関係は、そうした状況であったわけです。
 さらに予算付与につけられた条件にも困りました。何かデータベースを作成するということだったからです。ところが送られてきたすでに全国の大学の文系学部で作られているデータベースの一覧もまた今では考えられないもの。全部で200程度。それも初歩的な文献目録も含めて。当時のデジタル技術の利用状況は本当にそんな程度だったわけです。翻訳技術の発展はそれほど遠くない将来に、それぞれの母国語でのコミュニケーションを可能にするだろうと書いたのも、そうした変化の急速さを本当に毎年のように経験してきたからです。
 このことに関連して思い出すもう一つのことは、コピー技術の発達。院生時代に研究室に当時100万円程度のジェット噴射式のコピーが入った時のことです。たまたま自分が毎日使用していたマイクロリーダーの横に置かれた。ということで、なぜか教員の前でメーカーの技術者とともに、自分が最初のコピーをトライアルさせられました。その時にある教員が発言したことは今でも忘れられません。「これで学生はますます勉強しなくなりますね」。文献や資料の筆写が基本的な勉強の一つと考えられていたからです。もちろんより重要なことは、処理する情報量の拡大。いまどき雑誌論文を筆者することなどありえないでしょう。文書館に行っても、デジカメではいおしまいです。あるいはオンライン化で文書館に行く必要もかなり減ってきました。
 今日はここまでにしておきます。考えなければならない問題は山ほどあるのですが。 

# by pastandhistories | 2017-09-19 22:58 | Trackback | Comments(0)

ENIUGH補遺

 ENIUGH については、あまり目新しいことは書けませんでしたが、自分が驚いたことは二つ。今日はそのことを補遺として書き、それにかかわることを少し書き足します。
 その一つは、以前このブログで紹介したホブズボームの対談者であったマイケル・イグナティーエフが三日目からの会場であった中央ヨーロッパ大学の学長になっていたことです。もう一つは、そのヨーロッパ中央大学の建物は、昨年完成したもののようですが、それぞれの部屋にプロジェクターはなく、その代わりに黒板ほどの大きさの大型液晶ディスプレイが置かれていて、それにメモリースティックさえ差し込めば、そのまま指タッチで操作できたことです(つまりタブロイドが超大型化したと考えればよいでしょう)。携帯やパソコンでも同じことができるわけだから、原理的にはそれを超大型化すればいいだけ。ただそれだけのことですが、これは本当に便利。デジタル的なシステムの変化の速さには本当に驚かされました。
 このことに関連して思ったのは、グローバルヒストリーのあり方です。というより国際的な学会のあり方、そして日本の[というよりそれぞれの国や社会の)人文的な学問の向かう方向性です。
 グローバルヒストリーと限らず、国際的な歴史学会で最近つねに議論されることは、欧米中心主義、それをどう克服していくのかということです。しかし、そうした議論はますます英語だけで行われるようになっている。それでは欧米中心主義が克服できるわけはない。あまりにも自明なことです。たしかにアジアを含めて「研究者」は英語ができる。しかし、そのアジアでは国や地方で違いがあると言っても、学問的な会議で厳密な議論を不自由なく英語でできるのは人口のわずかな部分であって、一般の人がそうしたの能力を持っているわけではありません。それどころか、日本の日本史研究者でそうした能力を持つのは、現在でも限られた人でしょう。こうした状況で、グローバルな歴史、下からの歴史、普通の人の歴史と言っても、その議論自体はかなり空虚なものです。その一方で、グローバル化がもたらした留学機会の増大から、研究者の英語能力が上昇したことも確かで、そうした意味での「国際化」[というより欧米への同調志向)は、急速に進行しています。
 何度も書きてきましたが、自分はそのこと自体は「現在の段階では」専門的研究者の職業的・倫理的義務であると考えていて、一概には否定はしません。個人的なことを言えば、もう20年度ほど前になりますが、研究室人事を委ねられた時に、自分が建てた基本的方針は「海外での学位取得者」ということでした。日本の西洋史研究はおそらく将来はそのことが基本となるだろうと考えたからです。しかし、この人事には本当に苦労しました。時代を限定すると、海外での学位取得者は当時はほとんどいなかったからです。そこで多少強引な引き抜きをして、その事後処理でいろいろ苦労することになりました。
 ただ最近の海外学位の絶対化や英語主義には多少の疑問も感じています。それはおそらくそうした流れはデジタル的技術の進展の中では、一時的なことかもしれないと考えているからです。その理由は以下のようなことにあります。それは中学時代の数学の教師に教えられたことです。
 この数学教師は本当に厳しい人でした。途中までできていても最後に計算ミスなどがあると絶対に点をくれない。0点です。しかし、同時にこの教師は、つねに「ちからわざ」に頼る生徒は必ず伸びが止まるとも言っていました。つまり受験勉強の蓄積から高い筆算や暗算の能力を持ち、それが数学的能力だと思っている生徒は必ず限界にぶつかるということです。なぜ。「そんなものは計算機」が「より早く、正確に」「将来は(この当時からはですが)」はやってくれるだろうからです。したがって、この教師が何よりも力説したことは、足し算より引き算、掛け算より割り算の重要性ということです。なぜなら前者が数を大きくするのに対して、後者は数を小さくするからです。後者の方が圧倒的に誰にでも処理しやすい。こうした考えからこの教師は、数学にとって重要なのは、素数や因数であり、また「代数」は物事をやさしく考えるための方法であるとして、力技に頼る「算数」から抜け出ることの必要を教えてくれました。中学生当時は理解できなかったのですが、大学受験の時期にこの教師から教わった考え方は、本当に自分の助けになりました。
 なぜこんなことを今日は書いたのか。それはパソコンの翻訳能力を笑う人がいるけど、おそらくそれはあと数十年、長くて100年のことだと思うからです。デジタル技術がさらに進展すれば、それぞれがそれぞれの言語を話して国際会議をしても、それを機械が正確に翻訳してくれる時代が来るでしょう。いくら自分の語学能力が「他人」より少し優れていると言っても、それぞれが天才であるわけがありません。本当に数少ない限られた「天才」の能力を、碁や将棋ではすでにパソコンが乗り越えています。「語学」でもそうした時代が来るはずです。そしてそうした時代にこそ、本当のグローバルヒストリーや人文学の研究の国際化が生じていくでしょう。誰もが国際会議で、というよりも誰もが、普通の人々が、自分の歴史理解を平等なものとしてグローバルな世界に提示できるからです。
 こう考えれば、自分たちの中にある錯覚に気づくことができるはずです。今の国際化の中にある歪みにも。そして本当に目指さなければならないものは何かということを改めて考えることができるのではと思います。
 

# by pastandhistories | 2017-09-17 21:32 | Trackback | Comments(0)

ENIUGH-4

13,14日のイーサン・クラインバーグを招いての会は無事終わりました。日本の研究者の日本語での報告を、外国研究者が英語でコメントをするという試みで心配したのですが、それぞれの発表内容にヴァリエーションがあって、それにイーサンが本当に丁寧に対応してくれたので十分な成果があったと思います。ただ時間配分が難しく、さらにまた通訳の不在ということで即席の対応になったことも重なり、初日は十分な質疑時間が取れませんでした。
 初日が質疑時間が少なかったので、二日目は思い切って質疑にかなりの時間をとりました。そのためにイーサンの報告の後半の翻訳紹介がかなりはしょられましたが、質疑はそれなりだったと思います。イーサンの良さを引き出すのは、一方的な講演より質疑に時間を割いた方がいいと考えたからです。合計まる十時間も(二次会を含めると二十時間近く)付き合ってくれたイーサンには本当に感謝しています。参加した人は理解してくれたと思いますが、本当にシャープな議論ができる人です。忙しい人ですが、ぜひまた日本に来たいとも言っていたので、そういう機会があればと思います。
 さて中断していた ENIUGH に関してですが、かなり記憶も薄れてきましたが、最後に自分が一番期待していた、三日目の というラウンドテーブルのことを紹介しておきます。World History and Global History- Next Step to Go? というもの。期待は同じであったらしく、今回の会では珍しく、満席で立ち見状態でした。参加したのは、この会の事実上の創始者であるマテイアス・ミデル、それからスヴェン・ベッカート、アムステルダムからマルセル・ファン・デア・リンデン、それから地元の女性研究者であるスーザン・ツィムマーマンなどです。
 スーザンが女性研究者の立場からジェンダーを取り入れたグローバルヒストリーという主張を論じ、マルセルはやや図式的にグローバルヒストリーをたとえば、比較・相互関係・統合というようなかたちで論じたけれど、なんといっても会を圧倒したのはベッカート、とりわけ後半の質疑は彼の独壇場でした。いろいろ興味深い議論提示があったけど、印象的だったのは、グローバルヒストリーは結局は研究者間の協同が必要になるだろうという議論に対し、歴史研究はあくまでも個人の視点という要素があると論じたこと、およびネオリベ的なものを補佐するものであってはいけないと論じたことです。自分とも考えが近く、共感させられました。ミデルは非常にバランスのとれた思考をする人で、会場から出される議論にはあまり深入りせず、今後の他の地域における同種の組織活動との連携を提案していました。

# by pastandhistories | 2017-09-16 22:12 | Trackback | Comments(0)

9月13日、14日

 本来は ENIUGH の続きを書かなければいけないのですが、今日は明日・明後日の会の告知。今頃になってということもありますが、帰国後はその準備(主としてペーパーの翻訳)に追われていました。コメント並びに報告をしてくれるイーサン・クラインバーグとは昨日会いました。大変シャープな人物で、期待できると思います。会の内容は以下の通りです。

【公開セミナー】

日時  2017913日(水)13時~17時半

場所  東洋大学白山キャンパス5号館5104教室(奥の側の正門から入って、坂を上がった正面の建物)

報告

長野 壮一(フランス社会科学高等研究院) 「二人の革命史家、網野善彦とフランソワ・フュレ」

山野 弘樹(東京大学)  「過去」を物語り直すということ

池田 智文(龍谷大学)   近代「国史学」の展開と歴史理論

中西 恭子(東京大学)   歴史と文藝のはざまで

コメント: イーサン・クラインバーグ(History and Theory 編集長)

会:道重 一郎(東洋大学) 岡本 充弘(東洋大学)

【公開シンポジウム】

日時  2017914日(木) 13時~17時半

場所  東洋大学白山キャンパス5号館5104教室 

報告  イーサン・クラインバーグ(History and Theory 編集長)

歴史理論・史学史の現在的問題 ※通訳あり

会:道重 一郎(東洋大学) 岡本 充弘(東洋大学)



# by pastandhistories | 2017-09-12 13:46 | Trackback | Comments(0)

eniugh5-3

ブダペストでの第5回 ENIUGH に参加して、フィンランドでカレ・ピヒライネンのところにより、昨日帰国しました。飛行機の中で少し寝られたので、昨日は12時に寝て、今朝は5時過ぎに起きました。多分時差の問題は、今日で解消するでしょう。
 ENIUGH のことはブダペストに滞在中いくつか書きました。フィンランドではカレといろいろ話をするのに忙しく、書く時間がありませんでした。ブダペストで書いた最後の記事は(ー5)となっていますが、これは(-3)を入力し間違えたもので、(-3)、(-4)が削除されたわけではありません。そこで今日は(-3)として記事を書きます。そこで第三日のベッカートを中心としたラウンドテーブルの話は後(-6の予定)にして、今日はENIUGHについて、少し一般的な話を補足しておきます。
 まず今回気づいたことは、タイトルが Fifth European Congress on World and Global History となっていたことです。前回が同じタイトルとなっていたかは、見落としていましたが、組織の正式名称に取り入れられている Universal History がここからは消えています。組織の正式名称は、the European Network in Universal and Global History だからです。したがってその略称が、ENIUGH なわけです。
 Universal History という考えは、最近の日本ではあまり論じられていないので、その点が自分には少しわかりにくいところがありました。それが、そうしたテーマで本を書いている Herve Inglebert に、前回大会後日本に来てもらった理由でした。そのユニヴァーサルヒストリーではなく、ワールドヒストリーが今回のタイトルには採用されていたわけです。
 だとすると、グローバルを含めてこれらのヒストリーズの違いは何なのかということは当然議論されるべきですが、そのあたりは十分には議論されていない感じでした。ワールドヒストリーに傾斜しつつあるのは、ラウンドテーブルでこの組織の実際の生みの親の一人であるマティウス・ミデルが言っていましたが、同じワールドヒストリーという名称を付けた付けた組織が、アメリカ、アジア、さらにはアフリカなどでも進行しているので、その協力関係を作っていきたいという方向があるからのようです。世界歴史家会議と訳されているCISHに対抗するというわけではないかもしれませんが、各地域でのワールドヒストリーの組織化を前提に全世界的な組織化を可能であれば推進したいということのようです。CISHの現状にやや不満があるのかもしれません。
 そのCISHは、実は組織の名称に、scientific という言葉が入っています。そもそもこれはフランス語からの略称で、最近はISHC(the International Scientific Historians Congress)という言葉の方が、だんだんと一般化しているようです。実はそうしたことは大会の流れにもあって、2000年のシドニーの時は、マグレブを中心としたフランス語圏からの参加者も多く、フランス語が公用言語の一つとなっていて、同時通訳がありました。アムステルダムでも自分がパネルをしたラウンドテーブルでもアフリカ系の研究者から直接フランス語で質問されました。しかし、前回の済南ではほぼ英語に一般化されていて、アジアでの開催なのに、アフリカからの参加者は残念なことに、あまり目立ちませんでした。なおCISHと同じ scientific という言葉を付けた国際的な歴史家の会議で最大のものは、毎年4月ごろローロッパで開催されているものです。参加者の質も良く、これは現在の国際的な歴史家の会議ではかなり高い評価を受けているようです。
 世界史学会には、北京開催の時と、昨年のゲントに参加してみました。この組織は世界史論(あるいは世界史教育)とともに、エリアスタディーズ、言い換えるとアメリカにおける外国研究の流れも引いていて、現在は会長がデヴィッド・クリスチャンの協力者であるクレイグ・ベンジャミンなので、世界史論の一つとしてビッグヒストリーへの流れも取り入れていますが、日本でいう「外国史研究」、あるいは「外国史教育」についての、各国の研究者を組織し始めている感じです。
 こうした国際的な歴史研究の流れが、どのような形で折り合っていくかが、これからの歴史研究のあり方を決めていく感じです。

# by pastandhistories | 2017-09-08 06:23 | Trackback | Comments(0)

eniugh5-5

ひょっとすると雨が降るかもしれないので、今急いで宿に戻ったけど、たぶん日本は深夜ということだと思います。三日目の今日は午前は「長い1960年代」というパネルに。こうした表現はこのブログでも一つの考えとして大事だと書いたことがあるけど、会でもそうしたパネルがあるということで参加してみました。 多くのパネルと同じように、ここも参加者は報告者を含めて10人程度。しかし自分としては十分楽しめました。
母体はライプチヒ大学のプロジェクトのようで、司会はライプチヒ。報告者もまずはライプチヒから二人。ミハエル・エッシュ(ドイツ人だとすればミハエルのはずですが、皆はミッシュルと呼んでいたのでフランス系の人かもしれません)が音楽史的視点からの報告。ジャズ・ロックの変容が1960年代にどのように行われたかについて。もう一人のディートリント・ヒューハッカーという女性はフェミニストの視点から、キンゼイ報告などの影響を受けた性的な問題についての変化を論じました。質疑では共通しているのは、ミュージックインダストリーやセックスインダストリーによる商品化からの離脱が現象したというところで議論がまとめられたけど、この辺りはやや図式的な感じ。出来事が「歴史化」されることに伴う問題です。
誰も知らないベイルート大学の女性研究者の報告は本人が欠席。代読されたけど、そのテーマはアフリカの解放運動における女性の表象。かなりの数のポスターを映し出して、女性が(銃を持つ)ミリタントとして表象される一方で、他方では同じ女性が赤ん坊を抱いた形でも表象されたという二面性の指摘。こうした表象化はスペイン内乱、レジスタンスにもあったということもあわせて報告されました。ヴィジュアルヒストリーで分かりやすく、興味を引く内容です。ただし、「銃後の女性」という表象は、ドイツにも日本にもあったわけで、というより全世界的にも見られるわけで、そのあたりはかなり難しい問題もありそうです。
最後はイギリスの大学(ブルッカーとセントアンドリューズ)に勤めている男女のインド系研究者によるジョイントの報告。その理由は、男性が運動の参加者、女性がその運動がどのように表象されているのかということの研究者だからです。これは面白かったですね。正直言って、ライプチヒの二人は、1960年代の継続性を主張はしたけど、長髪でもないし、ミニスカートも履いていない。あまりプロテスト感はなかったのに対し、この二人は一人はマオイストであった(現在はアナキストに近いのかもしれません)ことを堂々と主張、女性のほうも会が終って道路に出ると煙草を吸い始めるということで、結構アクティヴ。しかしそのことよりはるかに関心を持たされたのはサンジタ・センという女性の発表内容。1960年代を取り上げた映画を紹介するものだったからです。なんといっても驚かされたのは、セミドキュメンタリーを含めて実に多くの作品が作られていること。かつ運動にシンパシーも持ったものも少なくないこと。日本との違いに本当に驚かされました。
午後は総括的なパネルでいよいよスヴェン・ベッカートが登場。午前の会の人たちから食事に誘われてレストランまでいったけど、午後のパネルは混むと思ったので、結局注文はしないで早めに予定された部屋に言って席を確保。これが正解で、最初は席が足りなくなり、立ち見もでることになりました。この会については、次回に書きます。、

# by pastandhistories | 2017-09-03 02:01 | Trackback | Comments(0)

eniugh5-2

昨日は二日目。パネルの数が多すぎて、どれに参加していいか迷う。しかし、そのこともあって参加者数はパネルによってかなりのばらつきがあります。結果的には参加したのは、いずれもそれほど参加者の多くなかったパネル。
最初は、初期的な資本主義形成の比較を世界史的に論じたパネルということだったのですが、発表者の一人とし手予定されていたドミンク・ザクセンマイヤーは風邪で休み。もう一人も不参加で結局発表者は二人。ノルベルト・ファビアンという人が司会兼発表者。ボーフム大学の人で何度もあ会ったがあります。実は一昨日に少し話をして、その時名前のとおり漸進主義者だと冗談をいったのですが、基本的には封建制から資本主義への移行はその両者を折衷した形で漸進的に進んだという考え方です。混合経済論。ここでは書きませんが、それを5つに整理した説明を試みました。もう一人の発表者は、現在はリューベックに属している台湾出身のアンジェラ・ヒュアンという人、名前の通り台湾出身でハイブリッドの人のようです。ハンザ同盟を素材にプロト資本主義を論じました。このあたりは自分の専門ではないのですが、レベル的に安定した感じでした。
その次に参加したのは、囚人の植民地への移動がどのような役割を果たしたのかというパネル。これは前回のパリでもあって、その時はレスター大学のプロジェクト。同じものかはわかりませんが、やはりレスター大学から何人かが参加。前回の発表が面白かったので、今回も参加しました。今回はアンダマン諸島、北海道、そしてフィリッピン(アメリカによる植民地化のあと)についての発表。最もテーマに即していたのは、アンダマンの事例。囚人労働の問題や、土着民への対応と、植民地支配の関係がわかりやすいテーマだからだと思います。北海道の話は日本人研究者によるもの。やや設定テーマに合わせすぎた感じはしたけど、その分だけ日本ではあまり行われていない「北海道」の説明の仕方で、興味を引くところがありました。
最後はイム・ジヒョンが司会をし、秋田茂さんがコメントをしたアジア系研究者による比較史的なグローバルヒストリー。中国系・韓国系の研究者が、ビルマ、資本主義、中国系移民というそれぞれのテーマを論じました。コンセプトはいずれも欧米の大学での教育経験があるということのようです。欧米系の学生や研究者を対象に研究成果を発信する場合は、どのような形で行われているのかという点で、「日本人」研究者も今後参照すべき議論なのかもしれません。


# by pastandhistories | 2017-09-02 13:42 | Trackback | Comments(0)

eniugh5-1

今ブダペストです。最近ではウィキペディアなどでもブダペシュトと表記されていますが、現地に来るとハンガリーの研究者もブダペストと発音しているのでb、ブダペストと書いておきます。
以前パリで大会があったことをここで紹介したことのある、ヨーロッパ・グローバル・アンド・ユニヴァーサル・ヒストリー学会に参加するため。前回が面白かったので、今回も来てみました。パリだったということもあって、それなりにメンバーの揃った前回ほどではないけど、今回もかなりの人が参加。初日は午後からで、パラレルパネルとレセプションとキースピーチ。キースピーチがレーニン論であるというのには驚かされましたが、たぶんロシア革命百年にちなんだのだと思います。その紹介はいずれとして、パネルはボーダーランド論についてのものに出ました。
発表者は4人。うち3人が論文提出予定者。アイデンティティという視点からボーダーランドを分析するちう手法。対象は、ラトガル、バッサラビア、セクラーランド。それぞれ丁寧に言語・宗教・文化を取り上げ、帰属する国家の変化に対して、どのような地域的なアイデンティティがあったのかを説明しました。
感想としては、アイデンティティという形で論じると、逆に視点が固定的になるということです。性格的にボーダーランドは、地理的には固定されていても、人々の流出入のフロウは大きく、またハイブリッド化も進行しがちという地域でもあるからです。そのあたりが逆に論じられないということを感じました。もう一つは、ナショナルな枠組みへの囲い込みの中でマジョリティ化が進行する中で、マイノリティをどう論じるかということはわかるけど、そこから先の問題をどう立てるのかという重要な問題の議論の仕方が、それほど鮮明でないということです。
もう一人はスティーヴン・シーゲルという人。ベラルーシの地理学者でもあったスモーリッチ(1931年逮捕、1937年粛清)を取り上げ、地理学がナショナルな枠組みを作り出す、またそれに保護された学問であることを論じました。地理的境界や、経済的文化的枠組みに国民を位置させるという志向を持つわけだから、当然そうした性格を持つわけです。そのことがベラルーシとソ連という二つの枠組みの間にスモーリッチを置き、彼を粛清の対象に追いやったということです。この発表は問題設定が明確で、力量を感じさせました。歴史学も同様なわけで、そのことは近代的学問を理解するときに重要なことです。
このパネルに参加していて気づいたことは、征夷大将軍というのはもともとはボーダーランドを軍事的に管轄する役割であったということ。それがいつの間にか、中央の統治者になった。つまり関東地方はもともとはボーダーランドであったということです。それが中央になったということになります。ボーダーと中央はそのような形で歴史的に変移してきたわけです。

# by pastandhistories | 2017-09-01 13:19 | Trackback | Comments(0)

時間の均質性

 分類上は西部劇に入れられることの多い古典的な作品にゲーリー・クーパーが主演した『真昼の決闘』があります。西部劇といってもネイティヴ・アメリカンは登場しない。時計と機関車を象徴的にもちいた作品ですが、時計がなぜ象徴的に登場するのかというと、この作品がリアルタイムで進行するからです。そうした形式を用いたということでも、古典的な作品です。
 しかし、この形式は映画の手法としてはきわめて例外的なものです。映画のほとんどは話の展開に応じて、時間を短縮したり、逆に大きく引き伸ばしたり、あるいは同時間に起きたことを、映画の進行の中では継起的に描きます。実はこれは歴史の叙述においても同じでです。historical time、つまり歴史叙述においては時間の経緯はリアルタイムではなく、叙述の必要において短縮されたり、引き伸ばされたりというきわめて随意的な形式をとります。これは伝統的な散文の形式に倣ったものです。そもそも映画のような上映時間という拘束がないわけですから、たとえば小説においても時間の進行はリアルタイムなかたちをとることはありません。
 構築されたものにおいてはこのように時間は不均質なものですが、現実の時間の進行はきわめて均質的なものです。誰もが平等に同じ時間を経験しています。時間が同じということですから、個人個人が経験することは量的には差異がありません、あるとすれば質的な差異です。自分がいつも思うことはこのことです。誰もが時間は平等に与えられているわけですから、何かをすることは、何かをしないことを意味します。ながら族は別として、サッカーをするということは、その時間は麻雀はしていないということです。研究に時間を割けば、趣味には時間を割けない。専門的知識は圧倒的だけど、AKBの一人一人の区別はできません。
 今日こんなことを書いたのは、このブログはかなり理論的なことを書いていますが、理論的なことへの関心は、実証へのリスペクトと当然並行していくべきだということを確認しておきたいと思ったからです。実際には時間の割り振りに難しいところもありますが、関心を一方だけに集中すべきではないでしょう。それは歴史と現実との関係についても同じです。過去にのみ時間を集中すれば、現在の問題を理解する時間は相対的にはどうしても失われてしまいます。

# by pastandhistories | 2017-08-23 05:44 | Trackback | Comments(0)

look at, look into

 やっとアクセス数は落ち着いてきて、分相応ということでほっとするところがあります。この間記事が途絶えたのは、以前ここでも何回が記したことがある書き下ろしの結論部分を書いていたためです。着手は随分と以前でしたが、結論部分がなかなか書けない。結論として書こうとしたことが、いつの間にか個別論文として発表されてしまう。そのうちにプロジェクトや別の本の出版計画が相次いで、そのままほったらかしになっていました。
 今回その結論部分の下書きをやっと書きました。まだ全体を見直してはいませんが、結局全部で400字詰め500枚強。下旬に出版社の人と会うので、大枠はこれでよいということになったら、もう一度見直して年末までには書き終えようというのが、今日段階での計画です。もっとも枚数も多いし、現在の出版状況ですので、出版に至るかはわかりません。内容は歴史論。本当の自分の関心は他の所にあって、時間ができるようになったらそれに取り組みたいと思っていたので、やっとそうしたことにも時間が割けるようになりそうです。
 歴史論と言えば、9月13日、14日のイーサン・クラインバーグを招いて会は、随分とネットに情報が流れているようです。まだそれほど宣伝をしていないのに、助かります。歴史理論、史学史の会ということですが、これについて今日は一言書き添えると、たしかフランク・アンカースミットは、歴史へのアプローチを、look at と look into に整理していたと思います。look at というのは歴史という形をとって著されているもの(書かれたものにとどまりませんが)を検討するということです。look into というのはそうした歴史によって表象されているもののを、内在的に見ていくということです。歴史理論、史学史というのは基本的には前者ということになります。いずれにせよ、過去は、そうしたものを look at することによって、look into しているものです。 

# by pastandhistories | 2017-08-18 14:07 | Trackback | Comments(0)

ボーダースタディーズ

 先週参加したのはボーダースタディースをテーマとした研究会。会での報告の具体的な内容に関してはそれぞれの報告者によって行われていくと思うので、ここでは自分の感想を書くにとどめます。個々の発表については内容的にも細かいことがあるのでそれは避けて、最後の総括的なパネルについて書くと、報告者はクリス・ロレンスとイム・ジヒョン。ロレンスは自分の問題関心からボーダースタディーズということでそれと関わるナショナリズムの問題を取り上げたのですが、本人も認めていたように、参加者の関心とはややマッチしないところがあり、あまり議論は進みませんでした。イムもこのテーマが専門ではないでしょうが、議論は巧み。問題を五点に要約したけど、まずはつかみの議論で南半球と北半球では季節が違うという話から。普通に南北問題と言ってもいいわけだけど、季刊雑誌の「季節」を取り上げてそれを最初の持ち出したのには、彼らしいところがありました。またアイデンティティをアイデンティフィケーションという言葉で置き換え、アイデンティティは固定的なものではなく、つねに過程的に構築されているものだと論じたけれど、このあたりにもイムらしい議論の巧みさを感じさせました。もう一つ彼が指摘した重要なことは、ボーダーをアクターから捉えるということです。
 この問題はこのブログでも論じたことがあります。確認してみたら、2012年3月の「境界の形成、越境者の増大」、同じ年の9月2日の「野ばら」という記事でした。読み直してみると意が足りないところもあるようですが、そこで論じたようとしたことは、そもそも「ボーダー」というのは「国家」が構築されるに伴って同じように「構築」されたものであるということです。構築された「中央」から見れば「周縁」となるけど、歴史的にはそれ自体として主体です。したがってこうした地域をボーダーとして扱うのは、現在的な視点であっても、歴史的な視点ではありません。歴史的にはそうした地域はあくまでも主体として理解されるべきだからです。
 シュテファン・バーガー(彼の呼び方についてはこのブログで彼を最初に紹介して時に、ドイツ人なわけなのでベルガ―と書くべきかという記事を書いたことがあります。今回本人に確認したら、基本的にはそうだと言っていました。しかし、会ではすべての人がバーガーと呼んでいたので、バーガーと書いておきます。ボーダーレス化した人々に通有するインターナショナルネイミングです)も最初のキースピーチやその後のコメントで、ボーダーは(つねに構築され、変更されるものであり、またゾーンであったりラインであるという点で)プロセスであることを強調していました。
 その通りだと自分も考えています。たとえば16世紀までは大西洋がヨーロッパとアメリカ大陸のナチュラル・ボーダーであったわけですが、18世紀には13植民地がイギリスとネイティヴ・ステーツのアーテフィシャル・ボーダーゾーンであったわけです。国家を欧米のみに存在したものとはせず、アメリカンネイティブが保持していたシステムをステートとみなせばそうなります。ルイジアナ地域はある時期までイギリスとフランス、ネイティヴズのボーダーゾーンであったわけだし、テキサスもカリフォルニアもボーダーゾーンであったわけです(この二つは、考え方によれば今でもボーダーゾーンかもしれません。だからこそ人為的に壁を構築するという考えが生じたわけです)。
 どうしてもボーダーには国家、それも近代国民国家や大国が前提とされるところがあり、ボーダースタディーズにそのことは反映されがちですが、やはり歴史的には、そして現在的にもそう呼ばれている地域に住む人々を主体として考えていくことが当たり前のことだけど、必須です。

# by pastandhistories | 2017-08-09 11:48 | Trackback | Comments(0)

今週の予定、今後の予定

 今日から三日ほど研究会で東京を離れます。今回は、シュテファン・バーガー、モリス・テッサ・スズキ、クリス・ロレンス、イム・ジヒョンらが参加するとのことで、楽しみです。ただ自分のプロジェクトではなくエキストラ参加、内容についての報告などは主催者側によって行われると思うので、多分ここでは紹介できないのではと思います。少し残念です。
 自分が関係しているプロジェクトでは、すでに記してきたように、9月13日、14日に『歴史と理論』誌の編集長であるイーサン・クラインバーグを招いての会が、9月13日、14日にあります。13日に日本の研究者による4本の報告があります。イーサンがコメントしてくれますが、彼には英語のサマリーを事前に渡しますので、発表は日本語です。14日はイーサン自身が報告してくれます。ほぼポスターを作成してあるので、その発送作業に入れるのではと思います。それぞれ面白いと思いますが、13日は若手の研究者、14日はイーサンとディベートをしたいという人は参加をしてください。
 もう一つは11月26日に、近刊の Companion to Public History のこれも編集者であるデイヴィド・ディーンを招いて、パブリックヒストリーの現況と今後についての議論をする予定です。ややフライトの切符の手配にややこしいことがあって調整にもう少し時間がかかりますが、多分この日程で開催できるのではと思います。
 二つの会の報告者はともに編集者として、現在の歴史研究の状況についての幅広い理解を持っている人たちなので、いろいろ参考になることが聞けるのではと考えています。自由な討論形式で行う予定なので、多くの人が参加を期待しています。

# by pastandhistories | 2017-08-02 09:12 | Trackback | Comments(0)

プロフィール②

 何気なく始めたブログが随分と積み重なってしまいました。最近は一日平均三ケタ前後のアクセスがあって、それだけの数の人に何を書いていいのか戸惑うところがあります。「そもそも」誰が読んでくれているかがわからない。「いわば」暗闇に向かって書いているような感じです。
 ネットへの発信ですが、匿名というかたちをとらず確か最初の頃にプロフィールとして執筆者の名前を明らかにしたことがあったはずです。その時、時々は個人的情報を書いていくということも明らかにしてそれに類する記事をいくつか書きました。その後も多少は書いていますが、基本的には自分が参加しているプロジェクトなどの情報が中心となっています。歴史研究者であれば、その内容で執筆者が誰かはわかっているとは思いますが、格別歴史研究者ではない人や、新しい読者もいると思うので、今日は改めて執筆者のプロフィールを書いておきます。
 名前は岡本充弘です。職業は、現在は庭園管理、果樹栽培、ママチャリ自転車ロードレーサーですが、そこから収入があるわけではありません。東洋大学の史学科に教員として勤務していましたが、現在は退職しています。ただ歴史理論のプロジェクトには参加していて、主としてその企画を手伝っています。他人が自分をどう理解しているのか、それはわかりません。ただ自分が一番気に入っているのは、ある人からもらった「人格温厚、思想極端」という評価です。実際には、「人格極端、思想温厚」のような気がしますが、そうであるがゆえにこの評価は嬉しいところがありました。
 結構宣伝の多いブログですが、今日も宣伝をしておくと、このブログの内容に関わる出版物としては、単著である『国境のない時代の歴史』(近代文芸社、1993年)、『開かれた歴史へ』(御茶の水書房、2013年)、共編著としては『歴史として、記憶として』(御茶の水書房、2013年)、『歴史を射つ』(御茶の水書房、2015年)があります。今年の初めの頃、これらのアマゾンでの販売状況の関して、ここで宣伝的な記事を書いたことがあります。
 『国境のない時代の歴史』はアマゾンでの古本価格が安いので誰か買ってほしいと書いたら売れたらしく、現在では在庫がないようです。実はこれは自分の手元にもありません。この本の内容は自分では気に入っていて、自画自賛ですが「幻の名著」と呼んでいます。
『開かれた歴史へ』は版元ではほぼなくなっているようですが、アマゾンでは中古品が安く出回っているようです。『国境のない時代の歴史』に関しても書きましたが、機会があればサインをしますので(普段は献本にも絶対にサインをしないのですが)、値下げを食い止めてくれる人がいると、嬉しいところがあります。
『歴史として、記憶として』は一時品切れでしたが、現在ではアマゾンに在庫があるようです。これも自画自賛ですが、この本は豪華執筆陣で、貴重な証言も含まれていて、有用ではと思います。
『歴史を射つ』は版元では完売になったようです(返本が多少あるかもしれないけれど)。新刊の値段が高くて自分では心苦しいところがありました。古書としても妥当な価格であってほしいと考えています。
 最後になりますが、自分はフランクな性格で、老若男女誰に対しても分け隔てなく付き合えるのではと思います。最初にも書きましたがブログの不便なところは、誰が読んでいるのかがわからないことです。いくらでも個人的なコミュニケーションには応じますので、気兼ねなく連絡してください。メールは tsyokmt@hotmail.com です。メールのアドレスを公開すると、年齢のせいかヴァイアグラの宣伝が毎日のように入ってきます。もっとも最近は養毛剤の宣伝はまったく入らなくなりました。

# by pastandhistories | 2017-07-30 10:10 | Trackback | Comments(0)

比較史②

 昨日は少し落ち着いたけど、相変わらずアクセス数は減らず、先週は一日平均が3ケタ。随分と多くの人がアクセスしてくれるようです。そうした期待に応えるほどのことは書けませんがませんが、今日は一回で中断した比較史の続きを書きます。
 ①で書いたことは、ユルゲン・コッカも指摘している「比較史の非対称性」という問題です。歴史家は自らが現前する時間的な、空間的な場に対する認識を前提に過去を論じる。同時にその論じられた過去が提示される場もまた彼が現前する時間的な、空間的な場です。そうした彼が現前する場に対する知識は、歴史家が議論の対象としている過去についての知識と比較すると、質的にも量的にも非対称的なものです。もちろんオーディアンスは、歴史家以上に非対称的な知識しか持っていません。
 逆説的なことですが、そうした非対称性のうえに、比較史は成り立っているという部分があります。しかし、比較史には歴史家の拠って立つ時間的な、空間的な場をともに離れた二つの対象を設定するという方法もあります。たとえば19世紀の南米と、13世紀の中東との比較というようなテーマ。もちろんそうしたテーマでも同一性と差異は論じられますし、歴史家から見れば対象はともに自己に疎遠であり、知識の質も量も似たようなであるという点でパラレルなものとなります。実はこの場合でも、歴史家の問題意識が前提とされていて、その意味では非対称性は内在していますが、外見的には比較される対象そのものは対称性を留保していることになります。しかしこの場合は、テーマの随意性がかなり高まることになります。
 比較史の問題は、結論が前提的に措定されがちだということです。結論は二つ、もしくはも三つ。比較するものに、①同一性あるいは類似性がある。②差異がある。そして③同一性・類似性もあるが、差異もある、という結論です。それほど単純ではないという批判があるでしょう。検討の結果、当初の措定とは異なる結論が導き出される場合も多いという議論の仕方です。しかし、そうした議論もまた、最初の予測とは異って、「意外にも」同一性があるとか、差異があるという議論をしているわけで、やはり結論は前提的な措定から導き出されたものです。

# by pastandhistories | 2017-07-25 10:18 | Trackback | Comments(0)

周縁と歴史

 昨日はプロヴァイダーの点検作業ということで、自分からはアクセスできませんでしたが、アクセスが3ケタを超えたようです。おとといもということで、この間アクセスが高止まりの傾向にあるようです。期待してこのブログを開いてくれる人がいるということでしょうが、正直そうした期待に応えられるかと思うと、気持ちが重くなります。ただ読んでくれる人にとって参考になればということで、今日も思いつくことをメモ的に書いておきます。最初に断っておきますが、あまりまとまった話ではありません。
 その一つは以前授業で自分が用いた史料についてです。「歴史は史料に基づく実証である」ということで、大学の史学科には「史料購読」「史料研究」のような科目が置かれています。自分が担当していた西洋史の場合、この授業のためのテキスト選択には以前は結構苦労しました。しかし、ネットはその改善を随分と助けてくれました。海外の史料が学生にも直接利用できるようになったからです。その一つとして用いたのが、ダクラス・リンダ―という人が作成した Famous Trials (http://famous-trials.com/legacyftrials/ftrials.htm)というサイトです。あくまでもアメリカの学生向けという点で、欧米中心で英文が中心となりますが古今東西の有名な裁判の記録が、そのアウトラインについての説明とともにアップされていて、便利なサイトです。
 もちろん、裁判資料などの公的資料を中心として歴史を組み立てることには、批判があります。史料そのものが本来は社会の統制を目的として作成されたものでしかないからです。しかし、そのことを逆用して斬新な歴史研究が、ミクロヒストリーとしてナタリー・ジーモン・デイヴィスやギンズブルグによって試みられたことも事実です。これらが評価されたのは、従来は歴史の周縁に置かれていた人々を取り上げることを通して、その時代の社会のあり方を合わせて論じたからです。
 厳密には論じていることの意味内容は異なりますが、歴史の周縁という問題をテーマに鋭い指摘をしているのが、今年に入ってから翻訳出版されたラナジット・グハの『世界史の脱構築』(原題は、History at the Limit of World-History )です。欧米に起源をもつ World-History が植民地支配とともに南アジアに入ってきた、そしてそのことを前提として「歴史となりえるもの」は何か(このことは逆に「歴史になりえたもの」は何で、「なりえていないもの」何かという議論でもあるわけですが)を論じたものです。
 面白く読める本ですが、そのタイトルの訳に関してに訳者の竹中千春さんは興味深い指摘をしています。それはタイトルの訳として採用された脱構築という言葉は、原書の中では一度しか登場しないということです。しかし、竹中さんがこの訳語を採用したのは明確な理由からです。グハはサバルタンやポストコロニアリズムの立場に立って、そうしたものを排除するかたちで機能してきた世界-史を脱構築する立場に立っている、と竹中さんが考えているからです。
 今日の話はあまりまとまりませんが、無理に結論すると、同じ周縁に議論を立脚させていても、ギンズブルグとグハは立場を異にしています。ギンズブルグは周縁から歴史を構築することが可能だと考えているわけですが、グハは周縁から歴史そのものへの疑問を提示しているということです。これは重要な論点だと自分は考えています。

# by pastandhistories | 2017-07-19 10:56 | Trackback | Comments(0)

セミ・グローバリゼーション

 気づいた人があるかもしれませんが、昨日書いたことは過去に生じた事実を踏まえていないという点で、きわめて非歴史学的な文章です。最大の誤りは、今後の300年の予測として、一家族についての子供数を二人、一世代を30年としていることです。この推定は、歴史的事実に照らして、明確に誤りです。たとえば、日本で出生者数が一カップルあたり二人を切ったのは、20世紀後半に入ってからであって、それ以前は一カップルあたりの出生者数ははるかに大きいなものでした。これは外国でも歴史的には同じで、また現在でも高い出生者数がある地域が存在しています。さらに、一世代が30年というのも固定的なものではありません。はるかに速い世代交代が行われた時代、地域が歴史的にはありました。そればかりか、DNA操作の医療技術が飛躍的に発達して人間の老化が制御されるようになれば、平均寿命が200歳というようになり、人口を調節するために、出生者数を極端に制限するという社会が、意外なほどの近未来に生じるかもしれません。その意味では、人間の社会が同じような文化的枠組みで維持されつづける考えるのは、きわめて不正確な予測です。
 またグローバル化がさらに促進されるというのも、傾向性としてはかなり確実な予想に思えますが、本当にそうなっていくかについては、なお議論の余地があります。そうした問題を論じたものとして、少し興味深いのは、Pankaj Ghemawat が World 3.0: Global Prosperity and How to Acieve It (2011) で論じた現代の世界を 'semi-globalized' という段階にあるものとして捉える考え方です。実はこの本はまだ入手してはいませんが、その紹介はダグラス・ノースロップが編集した Companion to World History (2012) に、ノースロップ自身が付した最後の要約的文章で紹介されています(同書、500~1頁)。
 Ghemawat の主張の要点は、ノースロップによれば、セミグローバライズドという言葉にも示されているように、現在の世界をグローバリゼーションが全面的に行きわたった社会とは考えてはいないということにあります。そしてネオリベラリズムのようにそのさらなる進行を擁護するのではなく、そこから生じる問題を制御する有効な手段が現在の段階では明確ではない以上、国家による規制を支持する立場から Ghemawat は、現在の世界の状況をセミ・グローバリゼーションとして捉えているようです。
 その具体例として Ghemawat は、たとえば現在でも出生した国で死亡する人は人口の90%を占めることをあげています。またネットを経た情報も、国家的枠を超えて流失しているのは20%以下に過ぎないことを指摘しています(ネトウヨが出す情報はまさに国内限定的なものです)。トレンディ化したグローバリゼーション論に釘を刺した主張としてやや興味深い主張です。普通の人々の日常的生活や言語的な制約を考えれば、グローバリゼーションがさらに進行していく場合でも、それは全面的なものとはなりえずに、ローカリティやナショナリティが残されていくということは、大いにありうることでしょう。それがネガティヴなものではなく、いかにポジティヴなものとして機能していくかが大事です。

# by pastandhistories | 2017-07-15 17:38 | Trackback | Comments(0)

未来の歴史

 昨日は旅券の更新に行きました。身分を証明する書類はもちろん(現在の旅券があるので)、戸籍抄本も住民票もいりません。どうしてかなと思っていたのですが、受付でその理由がわかりました。その場で一瞬にして住民票のコピーが出てきたからです。
 考えてみれば当たり前の話ですね。各市町村にある原簿を大型のコンピューターに入力してあれば、それがどの端末からも出力できるからです。現在では住民票や戸籍のある特定の市町村にだけ、(かつては文字的な形で保存されていた)データがあるわけではないからです。 
 このことで気づいたことは、ある世代以降の戸籍はすでにビッグデータの一部になっているということです。それが今後も延々と累積していく。つまり自分も含めて戸籍制度のある現代社会に生きている人間の子孫については、たとえば300年後には、子供が平均二人、一世代が30年とすると2の10乗である1000人程度存在しているわけですが、データが消失しない限り、そのすべてがわかるということになります。別の言い方をすると、300年後の人間は300年前にいた1000人近い祖先のすべてを記録上は認識できます。
 おそらく今後の300年というのは、グローバル化の進展に伴い、人々の流動化、それに伴う混血化が一層促進されていく時代でしょう。そうした社会にあって、個々の人々は自らにあるハイブリディティを、明確な記録をとおして認識しえるわけです。そこでは、歴史をナショナルな単位で論じるべきだとする考えは、きわめてナンセンスなものとなるはずです。カーが論じたように歴史を未来から見るという考えが正しいのだとするなら、ナショナルヒストリーから歴史を語り、それを永続的なものとして絶対化しようとすることは奇妙です。未来に生きる人々は、自らに関して残された史料を踏まえて、自らのハイブリディティを認識していて、ナショナリティに帰一化されるような歴史観を抱いてはいないだろうからです。
 このことが示していることは、もちろん相対的には現在のような流動性の高い社会ではなかったことは事実かもしれませんが、ナショナルな枠組みに歴史がある時期まで画一化されがちだったのは、300年前に生きていた1000人ほどの祖先が可視的なものではなかったからです。そうしたものを丹念に可視化していけば、現在の歴史のあり方も少しは変わっていくかもしれません。繰り返し指摘してきましたが、ファミリーヒストリーの意味はそうした点にもあります。

# by pastandhistories | 2017-07-14 12:25 | Trackback | Comments(0)

いくつか

 7月に入りました。日本の大学はまだまだ授業が続きますが、海外ではすでに休みに入りかけているところが多く、この時期には海外の研究者からのメールが結構来ます。返事をほおっておくとあっという間に溜まってしまう。ということで、今日は朝からその返事書きをしていました。自分に問い合わされてもとは思うのですが、いろいろな問い合わせがあります。
 その一つに、日本でのファミリーヒストリー研究の現状について教えてほしいというものがありました。普段はあまり意識したことがなかったけど、早速ネットで検索してみたら、いくつか本はあるようですが、この領域についての専門的研究者による論及がほとんどないことを知りました。少なくとも、それを専門的課題としている大学所属の研究者は見当たらないようです。だとしたら本当に驚くような話で、日本の歴史学のあり方を考えさせられる話です。 
 この問い合わせとは別に、インドの女性研究者から、インドではかつては男系も女系も含めて個々の人の先祖を樹形図的にたどることが行われていたが、それは現在ではなくなってしまった。日本でも同じだとしたら、それは何故だと思うかという問い合わせがありました。単純化すればナショナリティや共同性が近代国民国家の成立以降は歴史の重要な要素になったというのが自分の考えなので、かつてそれについて書いた英文を添付で送りました。
 カレ・ピヒライネンからはヘイドン・ホワイト論を中心にした論文集のインデックス作成が終わって、7月10日から印刷に入るという連絡が来ました。ラトリッジから出版されます。そのホワイトからは、版権についての問い合わせを出版社に依頼されその連絡をしたら、簡単な内容の返事がすぐに来ました。元気なようです。この翻訳出版は10月頃ということで予定されているようです。
 それから9月13日、14日に予定されているイーサン・クラインバーグを招いての研究会に関して、7月5日締め切りで発表予定者を公募していましたが、数的にも質的にもバランスのよいかたちで応募がありました。研究会はなるべく「開かれた」ものとして行うというのが自分の考えですが、せいぜいこのブログと研究所のホームページで宣伝しただけなのに、こうした形での応募があるとは考えていませんでした。いろいろ調整しながら、月末までには具体的な内容をつめていく予定です。
 なお予算が少しありそうなので、パブリックヒストリーの中心的メンバーを招いての研究会を企画していますが、この件に関してはその一人から11月末頃に滞日したいのでどうかという問い合わせがありました。この時期で開催が可能か、これから検討していく予定です。

# by pastandhistories | 2017-07-07 09:53 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

エピソード
at 2017-11-12 20:09
短期主義への批判
at 2017-11-05 21:08
1月13日
at 2017-11-02 16:57
二時間ドラマの構造③
at 2017-10-25 21:56
政治指導者の理性
at 2017-10-22 10:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧