歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヘイドン・ホワイトの件

 久しぶりのロンドンです。これもネットの影響でしょうが古本屋が大分減ってきたようです。幸いにして毎回訪れているユーストンの近くのJudd Booksとキングズクロスの近くのHousmansはまだありましたが、Housmansのほうは地下一階に大量に置かれていた労働運動史関係の史料や文献はもうほとんど置かれていませんでした。日本で言えば新村書店と無くなったウニタをかねたような本屋だったわけです。これも時代の流れだということなのでしょう。
 ところで日本を出たのはちょうど27日だったので、『思想』の特集「ヘイドンホワイト的問題と歴史学」の発行にぎりぎり間に合いました。ということでこちらにも1冊持ってきました。連絡ミスで『思想』では文献目録に紹介できなくて少し残念でしたが、ホワイトが訪れた立命館からも「報告集」が出され、そのほとんどがネットにあげられていますので、これでホワイトの日本での講演が揃って翻訳・紹介されることになりました。ホワイトの来日の件については、会場では時間の都合もありほとんど説明することができませんでしたが、今回の二つの出版物も含めていくつかのいきさつをここで書いておきます。
 まずホワイトは昨年の来日に当たって事前に今回訳出された文章以外にもいくつかの文章を送ってきて、それを参加希望者に自由に配布してよい、またどの会場でどれを話すのかもこちらが選択してよいと伝えてきました。そこでそれを立命館の吉田寛さんにお伝えしたところ、時間的な問題もあって「ポストモダニムと歴史叙述」を京都でということになり、東京では「実用的な過去」を話すということになりました。
 立命の方は最初は大学院生の授業に力点を置くということだったのですが、やはり開かれた会にしたいということで、会場も当初の予定より広くし、また二部構成というかたちをとることになりました。また企画自体の性格から最初から報告集を出すということで計画が進められました。東洋の方は、レクチャーとセミナーという二日形式になりましたが、この構成には大分苦労しました。その大きな理由は、日程の調整という問題もありましたが、それ以上にやはり個人的な準備ということもあり、そうしたこともふまえて「会場での議論をそのまま公表することはしない、個人個人がそれぞれ成果をその後に個人的に提示していく」ということを約束した上で参加してもらいました。結果的にはホワイトの人柄もあって当日の議論はかなり充実したもので、参加した方の中からも公表しないのはもったいないという意見も出ましたが、あくまでも最初の約束ですので、そうしたかたちの報告集は東洋のほうでは出しません(個人的な文章を書いたものは出す予定です)。
 しかし会での議論が興味深いものであったということで、参加していただいた『思想』の編集者の尽力で、翻訳を含めてかなりの執筆者が当日の参加者や発言者という形で『思想』の今回の特集が編集されたということです。当日の参加者の構成は岡本が中心に進めたのですが、雑誌の編集は編集者の専権事項ですので、『思想』の方で決められたわけで、基本的には別のものです。結果的には東京の会の「報告」という部分もあって、『思想』には感謝しています。同じように感謝したいのは、小田中直樹さんや長谷川貴彦さんといった地方からの参加者です。予算の都合があって、最初は交通費も出せないということだったのですが、参加を本当に即答してくれてかつ十分な準備をして会に臨んでくれました。もちろんそれ以外の人にも今回の件では大変お世話になりました。でもこうしたふうにことが進んだ最大の理由は、ホワイトという人の議論や人柄の魅力だということは会に参加した多くの人が共通して感じたことではと思います。、
by pastandhistories | 2010-07-31 04:34 | Trackback | Comments(0)

ロンドン

 27日に日本を立って今ロンドンです。以前このブログをアメリカで作ったことをすっかり忘れていたのですが、時差ボケで朝3時に起きてしまい何気なく自分の名前をネットで検索していたら、このブログが出てきました。
 イギリスは5年ぶりです。この間少し歴史理論に重点を移していたので、それに関する会合で結構色々なところに行きましたが、イギリスに来たのは久しぶりです。さいわいIHRのメンバー登録がまだぎりぎり有効で、大学図書館の利用証も無料で更新できました。でも久しぶりに来て思うことは、昔とは在外研究の仕方が随分と変わったということです。毎日のような仕事だった文献・雑誌、史料のコピー取りももうネットのおかげでかなりの部分が日本でできますので、わざわざこちらでコピーをとって持ち帰る必要があるのは例外的な稀少史料だけということなりました。本の購入も現物の内容の確認さえすればAMAZONに発注すればよいだけで、重量制限や別送に伴う申請というような面倒くさいことを気にする必要はありません。ということで、主たる仕事は人と直接会って話をするということになります。
 久しぶりのロンドンは円高のせいか物価が少し安めに感じます。地下鉄の初乗りが4ポンドで日本円では500円以上というのはこたえますが(ゾーン6のヒースローから7.5ポンドですから、近高遠安という料金体系です。パディントンヘの急行は21ポンドということで成田-都内より高く乗りませんでした)、通りの果物屋から果物を買うと日本より安い感じがします。
 宿泊しているのはCollege Hallというところです。ここはIHRから歩いて3分くらいで、改築されており、個室がシャワートイレ付きになっていて、特に高い交通費がかかりませんので、お勧めです。料金はやや高くCountyとRoyal Nationalの中間くらいですが、これらのホテルと比較すると仕事をするにはとてもいい環境です。
by pastandhistories | 2010-07-30 12:49 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

お気に入りブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56
ファミリーヒストリーとグロー..
at 2017-02-16 22:04
ファミリーヒストリーについて..
at 2017-02-13 11:55

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧