歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

サウスゲートとウィンドシャトル

 夜中に帰国して、さっそく次の日は平常試験の監督。といっても他人の仕事の手伝い。それと報告書の書類書きと今日で締め切りの今年度の通常予算の最後の処理に終われました。明日、明後日は卒論の口頭試問の最後の準備となります。たまたま大学であったネイティヴの人に口頭試問には英語でどういう言い方があるかと聞いたら、oral defense という言い方があると言っていました。あまり攻撃をかける意志もないのですが。
 ということで本を読めたのは帰りの飛行場と飛行機の中。本は行きに読んだものしかもって行かなかったので、帰りの前の日にサンフランシスコで本屋に行きました。Borderという名前、いい名前ですね。歴史理論で何かないかなと思って探したら、あったのはPlumbと、それからKeith Windschuttle,The Killing of History (1997), とBeverley Southgate, History meets Fiction(2009)、ウィンドシャトルが一般書店に置いてあるのがさすがにアメリカだなと妙に感心しました(アメリカではヒメルファーブもよく見かけます)。実は前の2冊はもっていて、またウィンドシャトルは2000年にIHRに行った時に読んでかなり詳しいノートをとってあるのですが、本が買えなかったのでコピーしてもって帰っています。ということで、ウィンドシャトルと、それから待合室と機内用にサウスゲートを買いました。例によって40頁くらいを読んでみました。
 サウスゲートは2000年のIHRのセミナーの時にほぼ常連に近いメンバーでしたので、よく会いました。元々は思想史、キリスト教神学者を研究していた人で、一言で言えば温厚で実直な人です。あまり目立つような議論をしようとするタイプではなく、多分そうだろうと思ってネットでチェックしてみましたが、広島大学で2003年くらいに卒論で取り上げられたことがあるくらいで日本ではまったくといってよいほど紹介されていないようです(そう考えると、学部の卒論でサウスゲート論を書いたというのはすごいですね)。ハートフォードシャー大学に勤めていましたが、2000年の時も早めにリタイアしたいといっていましたが、そのあと少しジェンキンズに呼ばれてチチェスターで仕事をし、リタイアしたようです。それを前後とする時期から、History-What and Why(1996), Why Bother with History(2000), What is History For(2005) というきわめてシンプルな題名の本を出していて、その題名のせいもあってか、イギリスではペーパーバックが本屋によく置かれている人物です。しかし、正直な評価をすると内容的にはいまひとつというところがあります。本人の誠実さや公平な評価としようという姿勢はわかりますが、立場性とか主張の要点がなかなか見えてこない。今度の著作も歴史とフィクションの区別が現代においては曖昧化したということが実例を媒介として指摘されていますが、その意味についての本人の積極的な考えをもう少し鮮明にしたほうがよいのではという部分があります。またテーマが大きい割には、思想史的な素養はきちんとあるのでしょうが、思想的な理解の広がりや深さが弱いような気がします。おそらくそれが日本では取り上げられない理由なのだと思います。新しい本についても、文献的に不足するところがあります。たとえばかなり大きな議論をしている割に、Manifestoes for Historyに収められたものに頼っている部分も目立ち、個々の論者の本をそれぞれについてもう少し読むべきではという部分があるようです。
 ウィンドシャトルは「エヴァンズは紹介されても、さすがにウィンドシャトルは・・・」と以前書いたと思いますが、欧米では比較的文献紹介にあげられているのに、ネットを見ると日本ではやはり紹介は少なく、藤川隆男さんなどの二、三のものだけのようです。もっとも藤川さんが紹介しているのは、彼がデニングの論争相手であったためだからでしょう。あえていえば保守的な歴史修正主義に通じる議論をしている人でメディア的にも活躍している人物です。時間もたちましたが、これから日本で紹介される場合は、フランシス・フクヤマの紹介のされ方と似たようなかたちをとるかもしれません。ただKillingについていえば、フーコーや記号論、脱構築論、(ポスト)構造主義、人類学的視点についての理解力はエヴァンズより高い部分があって、その分面白く読める部分もあります。ウィンドシャトルについては Capitalist Magazine(2003.1)に掲載されたHistory, Truth and Postmodernism という文章をネットで見ることができます。
 
by pastandhistories | 2011-01-31 23:09 | Trackback | Comments(0)

プロフェッショナリズム

 これから荷物を整理してチェックアウト、それから会場に行き、夕方の飛行機に乗って帰ります。夜遅くですが、今日中に日本に到着することになります。
 ということでパソコンをしまおうとしていたら、まだ使える時間が残っているようなので簡単にこの間の感想を書きます。歴史理論のことを書くのがこのブログの主目的ですので、今回の会は大学とか教育に重点があって理論的なことをこちらにいる間にあまりかけなくて残念でした。でも大学とか研究者ということについては多少参考になるところもありました。そのひとつはいろいろな人から名刺をもらい、どういう人かわからないのでネットで検索すると、まず出てくるのがその人の研究業績ではなく、学生の授業評価であったということです。それもいわゆる助教、准教授について行われていて、アメリカの大学教師の置かれている状況が多少はわかりました。評価といっても、あまり根拠のないものもあるわけで、それがネットに固定されてしまうわけですから、大変だと思います。
 でもこの話は、サッカーの選手などが一試合ごとに評論家や一般のファンなどによって項目ごとに採点されるのと同じという面もあります。プロフェッショナルな職業は常に公共の場で評価をされるということで、それがネットの時代になって急速に拡大しているということなのでしょう。最近では映画ばかりか、本、さらには研究者の論文、さらにはこの間書いたように学会報告までもがそうしたパブリックの場で(主としてネット空間ですが)採点の対象になっているようです。ネットの匿名性の問題もあって、そのあたりをどう評価するかは難しい点もありますが、感心するのはこうした外からの評価に対して評価される側がある意味では常識的なものとして受け入れているということです。いわゆるプロフェッショナリズムをどう扱うかが、アメリカの社会ではかなり定まっているからかもしれません。付け加えると、もちろん発表に対する参加者による評価アンケートが配られていた部屋もありました。これも発表されるのかもしれません。
 今時間がないのでそれをチェックできませんが、ネットといえばエヴァンズが『歴史学の擁護』を書いたとき、それに対して全世界で大量に出された書評に対して、英語などのものに関してはネットでそれに逐一反論したことがありました。随分昔それを大体をコピーしたのですが、あれはその後どうなったのでしょうか。内容はともかく、あのエネルギーには随分と感心をしたことがあります。日本に帰ったらまだあるのかを確認してみます。
by pastandhistories | 2011-01-30 02:04 | Trackback | Comments(0)

発表への責任

 アメリカ大学協会でのセッションが終わりました。アメリカ歴史学会もそうなのですが、ホテルの借り切り方式。割り当てられた部屋が立派過ぎて、どう考えても自分には合わない感じ。しかし、大会のピークということで同じ時間に26のセッションがあり、同じ時間にプレジデントの話もあって、参加者は20人程度、もう少し小さな部屋にしてほしかったというのが感想です。
 大会の全体テーマがグローバリゼーション下における大学の教育といったもので、最初に自分に依頼があった時は、グローバリゼーションのなかでの歴史教育についてという内容で、役割もパネルへの参加ということだったのですが、実際にはかなり違っていて大学教育、とりわけ一般教育のあり方についてのペーパーを読むことになりました。正直言って大失敗。ほかの発言者から結局事前にペーパーは送られてこず、最後まで自分の役割がわからず苦戦しました。他の二人はそれぞれ中国、韓国出身のアメリカの大学のスタッフであって、自己の経験談から外国学生や外国人教員の大学や(アメリカ)文化との関係を話すという形でよかったわけですが、そうした経験は自分にはなかったということです。
 それでも今回収穫だったのは、グローバルというのが、ある意味ではアメリカ語であるということがよくわかったという点です。というより自らがグローバルなものを体現した社会であるという自負が、(多様な人種によって構成されている)アメリカの大学の教員には本当に強くあるということです。学生も留学生を含めて多様な人種によって構成されていて、その意味では大学はすでにグローバルな場とされている、そうした考え方がアメリカの社会には強くあるようです。「グローバル」という言葉は、かつての「文明」「近代」、あるいは「民主主義」や「自由」といったその背後に二元論的な論理を背景としていた象徴的観念とは違って、多様性を認めたうえで、それは全体として統合する( integrate )というニュアンスを内在させている部分があるわけで、かつての象徴的観念よりさらに批判しにくい要素があり、だからこそ急速に一般化しているということを、今回はあらためて感じました。
 付け加えると部屋にもびっくりしましたが、今回は望遠レンズでプロらしきカメラマンに数十枚もの写真を撮られました。発言内容を収録していたかはわかりませんが、いずれ発表されるのかもしれません。アメリカ歴史学会に関しても書きましたが、ネットの時代には学会の内容は、好意的・批判的なものを含めて最近ではすぐにネットで公開され、ブログやチャットで議論の対象になっています。国際歴史学会議に関しても自分の発言がフランス語のブログに紹介されていて驚かされたことがあります。今回のあまりできによくなかった自分のペーパーが、そうした形で紹介されるとすると正直いって今から憂鬱です。でも時代はそうした時代へと入ったということです。露骨な悪意があるものは無視すればいいとは思いますが、研究者はそうした責任をも引き受けなければならないということなのかもしれません。・・・・・・・
by pastandhistories | 2011-01-29 14:16 | Trackback | Comments(0)

変化と規則

 ホワイトの前に日本に来てもらったローゼンストーンからメールが来ました。向こうからの年賀状がメールではじかれたらしく、そのことの問い合わせのついでに近況を知らせてきました。昨年はスコットランドのセント・アンドリュース大学にいったとのことです。多分マイケル・ベントリーが呼んだのでしょう。また三作目の小説を書いたようで、これが添付されていました。便利といえば便利なのですが、最近はメールにかなりの量の書き物が添付されることが少なくなくなりました。印刷元に送るのと同様に、知人にも送ればよいからです。でもこれは印刷されたものに比べて量的には読むのが大変です。おそらく時代はそうした方向へと進んでいくのでしょうが、そうした大量の情報を処理する能力が、研究者にはこれから要求されることになるかもしれません。
 もっとも本当のことを言うと、今回は卒業論文をメモリースティックに入れて持参しました。口頭試問が迫っているので、こちらでも読めるようにです。事前に学生に専用のアドレスに送ってもらったので、そちらを開いても見ることができます。でもこれはある意味では変な話です。卒論はいまだに製本したものの提出を求めているからです。内容的には同一の情報なわけですから、紙媒体で製本したものでなければ絶対に読めないわけではないし、なによりも実際には外国にいてパソコンで読んでいるわけだからです。書き手に対して求められていることと、実際に読み手が行っていることがすでに乖離するようになっているという問題がここにはあります。
 パソコン(ワープロ)が普及してもしばらくは多くの大学で(現在でもあるかもしれませんが)卒論を手書きとすることが求められたこともあったように、 「変化」と「ルール」のかかわりというのは、まさに「カルチャー」の問題として社会や歴史の研究にとってかなり重要なことがらなのかもしれません。
by pastandhistories | 2011-01-28 11:54 | Trackback | Comments(0)

研究の前提としての教育

 昨日は10日ぶりに書きました。飛行機の中とかホテルの中の方が時間があるという生活は、どう考えても健全ではありません。でもこのブログは変なところがあって休むとかえってアクセスが増えて、先週より今週の方が多かったようです。読まれるというのはやはり励みにはなりますが、きちんとしたものを書く時間がないのは残念です。
 今日は一日アメリカ大学協会の会に出ました。無茶苦茶参加費の高い会のようですが、参加者は2080人、史上最高とのことです。テーマはGlobal Positioning, そのプレミーテイングがIntegrating the Sciences, Arts, and Humanities: Global Challenges and Intentional Curriculum、一緒に開催されているAmerican Conference of Academic Deansのテーマが、Academic Leadership for Global Mobilityで、「グローバル」という言葉のオンパレ-ド。ということでパネルに出てくれと誘われました。正直言って自分の考えはやたら「グローバル」を使うことには批判的なわけですからとまどうところもありましたが、誘われたのを断ることもないだろうということで参加してみました。
 参加していくつか参考になったことをあげるとまずシンポジウム(分科会)の進め方。主報告者がいたのですが、その人が10分くらいひとつのテーマを話すと、それを個々のテーブル(10テーブルあって、それぞれに6~10人くらいが着席)で10分くらいフリーディスカッションをする、それを元に質問・回答、再び主報告者の報告ということが繰りかえされて進行していくという形態です。テーマのせいかも知れませんが、全員が発言できるという点で、結構面白いやり方です。もうひとつはこの会がすでに98回目であるということ。議論の内容は一種のファクルティデヴェロップメントが中心になる部分がありますが、地方の小さな大学でも実に緻密なカリキュラムをめぐる議論がされているようで、こうしたことへの取り組みがアメリカでは随分と以前からかなり大学運営の基本とされているようです。
 とにかく研究と教育が結びついていなければならないという意識はかなり強く、日本の大学ではここまでは議論してはいない感じです。要するにテーマはグロバリゼーションとジェネラル・エデュケーションとの関係ということで、このふたつをいきなり結び付けられてもと思うところはありますが、アメリカでは何を教えるのかということがとりわけ人文系の学問では研究の前提とされているということはよくわかる部分がありました。
by pastandhistories | 2011-01-27 14:55 | Trackback | Comments(0)

ある種の抵抗感

 無事サンフランシスコに着きました。25日の月曜日ということで、この日に片付けなければならない仕事があったので、昼間は大学にでて、その足で深夜の羽田発の飛行機に乗りました。羽田便は随分と騒いでいますが、なんと乗客は3分の一程度、いままでこれほど空いていた国際便は乗ったことがありません。ということで3席を使用して寝ることができて、意外に楽でした。途中待合室と飛行機の中で與那覇潤さんの『帝国の残影』を読みました。小津安二郎の作品と体験をふまえて、映像を媒体に歴史を論じたもので、こうした本が歴史研究者によって出版されるようになったことは、やはり大きな意味があると思います。「残影」がキータームで、いろいろ考えることがありました。
 でも歴史研究者がこうした本を書けるのは、少し羨ましいところもあります。実を言うとこの間今年度予算の処理に少し手間取っていたのですが、その理由は研究計画が映像資料による歴史研究を進めるとなっていたからです。でも映画館の領収書で研究費を請求するのとか、日本の劇映画のやテレビのビデオを研究費で購入するのは、なんとなく抵抗がありますね。ましてや『月光仮面』や『木枯らし紋次郎』のシリーズとなると、理屈ではおかしくはないと思うのですが、変な抵抗感がある。結局海外のドキュメンタリー的なものをセットで購入するのなら問題はないと思ったりしてしまう。しかし、これは「無駄に」馬鹿高い。となると買うものがなくなってしまうという問題です。
 いかに「研究」というものが文字的なものや「事実性」に拘泥されてきたのかという証左なのですが、そうしたことへの疑問を持ちながらも、そこから抜け出すのは研究費の使途ひとつをとっても意外と難しいということです。いずれにせよ、history on film, film on history は本当に難しいテーマだと思います。このあたりを議論していく本格的な研究会が必要な時期になっていると思うのですが。
by pastandhistories | 2011-01-26 16:06 | Trackback | Comments(0)

繁忙期

 国立大学にはそういう言い方はなかったのですが、私立大学には繁忙期という言い方があります。期末試験から入試の時期です。自分のスケジュールも、卒論などの審査、期末試験の採点、レポートのチェックが重なっています。これに加えて意外と時間をとられるのが来年度の書類の提出と今年度予算の処理です。ということで昨日は一日シラバスを作成していました。今日は24本ある論文を読む作業をはじめます。とくに今年はこの時期にアメリカ大学協会の会合(サンフランシスコ、25日~30日)に参加することになりましたので、本当に時間がありません。出発前の授業(17日と19日)でそれぞれ学生レポート(11本)と論文(24本)の簡単な講評をすることを約束しているからです。アメリカ大学協会のペーパーも出発前には作らなければならないということで、個人的には文字通り繁忙期に入ってしまいました。このブログに関しては12月の末からまた少し集中的に書きましたが、この間12月はじめからアクスス数がずっと増加し続けていました。その意味では立ち寄ってくれている人に申し訳ないところがありますが、きちんとした理論的な問題を書くにはしばらくは時間がなさそうです。
 ということでまたしばらく休みます。サンフランシスコでは少し時間が取れるかもしれないので(日本時間の26日に到着します)、ホテルでパソコンが動いたらまた会の内容などを紹介してみようと思います。
by pastandhistories | 2011-01-16 09:29 | Trackback | Comments(0)

消去されたホームページ

 一週間ほど前だったと思いますがNational Lotteryから70万ポンド(700万ポンドかもしれません)の籤が当選したというメールがありました。メール使用者から厳正に選出し、抽選したとのことです。有難い話だなと思って早速、文章をコピーしてネットで検索へ。予想通り同じ文章が10点以上ネットで発見できました。これは学生の(学生ばかりでなく)論文やレポートの盗作を見つける最良の方法のひとつです。同じ文章がヒットすれば、それは他に既に同一のものがあり、それを利用したものだということがわかるからです。授業では時々パソコンでこうした作業をやって見せて、学生には(簡単に発見されてしまうので)盗作的なことはしないように注意しています。もちろん宝籤の当選話も多くの人に送られているインチキメールだったということです。でも少し残念でしたね。本当だったら研究資金に全部を使用したい(?)と思ったのですが。
 そのさらに一週間ほど前だったと思いますがInfoseekからメールがありました。使用していたホームページの無料サーヴィスが停止されたという通知です。これは少しほっとしました。というのはこのホームページには自分が最初に書いた本を英文化したものを掲載していたからです。たしか2002年か2003年からだったと思います。内容や英文に少し間違いもあって(たとえばマルク・ブロックの没年が間違っていました。このことはイッガースが指摘してくれました。しかし、別のところではレジスタンス活動で処刑されたことが記されているので、たんなる記入ミスだろうというコメントも加えてくれましたが)どうにかしたかったのですが、肝心のIDを忘れてしまって修正できないでいたからです。
 しかしこのホームページは随分と役に立つことがありました。その大きな理由は外国の研究者とコミュニケーションをとるときに、自分の基本的な考えを伝えるのに役に立ったからです。ホームページのタイトルかURLさえ伝えれば、そのことが可能になったからです。そして本当に驚いたことは、意外なほど多くの人がこれに目を通してくれたことです。さらには面識のない人からメールがあったこともありました。自分の考えを伝えるにあたっては、印刷が唯一の絶対的な手段ではもはやないということを本当に感じさせられました。
 若い研究者に勧めたいのはこうした手段をとって自分の考えを広いオーディアンスに伝わるようにしていくということです。外国の研究者と会う機会は随分と増えましたが、nice to meet you で終わってしまうのならそれは意味のないことです。自分の研究の内容を具体的に伝えるという次の段階に進まなければ、相手はこちらには本当の関心をもってはくれません。
 試みとしてやったことなのですが、自分にとっては随分と役に立ちました。最初にも書いたように、誤った部分もあってその意味ではネットから姿を消したことにはほっとする部分もあるのですが、試みとしては十分すぎるほどの成果がありました。
by pastandhistories | 2011-01-15 11:34 | Trackback | Comments(0)

ガンとヴァーノン 

 今日は本当に一ヶ月ぶりのオフという感じです。といっても来年度のシラバス作成が15日締め切りなので、多分その作成に丸1日かかるのではと思います。24本もある卒論は、指導演習のさいに下書きをある程度読んでいますが、これもそろそろきちんと読みはじめなければなりません。なかなか自分の時間はできません。
 ということで本を読む時間が本当に少ないのですが、ボストンへの行きの飛行機のなかで最初の部分を読んだSimon GunnのHistory and Cultural Theoryは、帰りの飛行機のなかで読み終えることができました。やはり全部を読むと、最初のイメージと違うところがあります。実際の実証的なフィールドをもつ歴史研究者からみた最近の理論的な流れの整理ということで、参考になる部分はジェンキンズやマンズロウなどと比較すると、リクール、ド・セルトー、さらにはブルデューの考えがかなり取り入れられていることです。またいわゆるamerican studiesについてもそれなりに関心を示しているところがあります(必ずしも全面的に目配りしているわけではありませんが)。興味深いのはアナール派にはやや批判的で、ギアツ、そしてデニングという流れから人類学的な手法やカルチュラルヒストリーの系譜が説明されていて、それがインドからの流れとしてポストコロニアリズムと結び付けられ、現在の歴史研究についての重要な視点であるとされていることです。また全体としては歴史研究においてreflexiveな視点を持つことの重要性が強調されていて(reflexivityについてはギデンズに依拠している部分もありますが(p.114など)、基本的にはit directs historians towards a consideration of the grounds on which interpretations, including their own, are constructedいうような意味でもちいられています(p.194など))、歴史研究や歴史のありかたを自省していくことが強調されています。
 ということなのですが、この本を読んで感じることは、西洋近代の側が、非西欧的な地域を文化的にばかりでなく言語的にも統合していく、しかしそのことが非西欧の側からの西欧の側の言語を用いた批判的照り返しを受けて、自らの思考を批判的に再考察するようになっているという問題です。フランスにとっての北アフリカ、イギリス(さらにはアメリカ)にとってのインド、パレスティナといった関係が生み出しているものの意味です。
 なお以前書いたことを修正しておくとガンは現在はレスター大学の都市史研究所のディレクターをしているようです。さらに昨年ジェームズ・ヴァーノンとの共著を出しているようです。ジェームズ・ヴァーノンは近代イギリス史研究者なら知っていると思いますが、19世紀イギリス史についてPolitics and the People(1993)という注目すべき本を書いた人です。自分が2000年に海外研究の行き先のひとつにマンチェスター大学を選んだ理由のひとつは、この人物がマンチェスター大学に所属していたからですが、マンチェスター到着の数日前にカリフォルニア大学のバークレーに移ってしまい残念に思ったという記憶があります。その後はあまり目立った活動はなく、どうしているのかなと思っていました。ガンの本を読んでいて彼とヴァーノンが近い関係にあるということにはなるほどと思う部分があります。推薦文が書かれているのもそのためでしょう。早速二人の新しい本を入手してみようと思います。
by pastandhistories | 2011-01-13 10:15 | Trackback | Comments(0)

象徴化すらされえないもの

 さっそく授業だったのですが、さすがに昨日は疲れて気が入りませんでした。今日は午前中が授業で、午後から教授会、学科会議で今それが終わりました。
 おととい書き終えてからやはり書きすぎだったなと思ったのは東海岸と映画の話。ニューシネマにはニューヨークなどを素材としたものもありましたし、監督や脚本家が東部出身者というのも少なくはありませんでしたが、基本的には中西部や西部を扱ったものが多く、とりわけ歴史を素材としたものにはやはりそうした傾向がありました。もう誰も見る人もいなくなってしまったかも知れませんが、こうした映画の中で、それまでの西部劇のプロットを一変させた、そればかりが伝統的な西部劇の制作をそれ以降決定的に不可能にするような衝撃を与えた作品が、『ソルジャーブルー』です。
 もっともこの話も対インディアン戦争の終末期の話で、時代は19世紀半ば、舞台も東海岸ではありません。でもこのことで気付くのは、実際には17世紀から18世紀に東部で起きていたことが、時代と場所を移し替えられて、つまり19世紀の西部というように置き換えられて象徴化されて描かれているということです。過去にあった事実が事実として語られることはなく、形と時代をかえて象徴化されて描かれているということです。そうした表象を見て、19世紀の西部の事実としてだけ読み取るのか、それ以前に早くから東部で行われていた事実、にもかかわらず事実としてばかりでなく象徴としても取り上げられることのない過去を想像することができるのかは、とても重要です。
 昨日書いたことを訂正するなら、東海岸を扱った映画の方が面白いということではなく、17世紀や18世紀の東海岸で起きたことが、虚構というかたちですら表象されることもあまりなく、したがって想像力の中の事実としてすら存在しえないものになっているということが、過去の認識ということについて大事なことなのでしょう。
by pastandhistories | 2011-01-12 20:15 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

目次②
at 2017-12-14 20:03
目次①
at 2017-12-05 23:40
エピソード
at 2017-11-12 20:09
短期主義への批判
at 2017-11-05 21:08
1月13日
at 2017-11-02 16:57

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧