歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

墓場にはもっていけない

 書くという仕事が他に入ると、どうしてもそちらに集中するので、ブログは書きにくくなります。でも少しづつかたちができています。二つともテーマが大きすぎて大変だったけど、一つは手堅くまとめる見通しがつき始めました。こちらの方が締め切りも遅いので、英文だけど何とかなりそう。しかしもう一つは、テーマが自分の能力をはるかに超えている。いましばらく、手がかかりそうです。
 ということですが、月曜日の朝は、なんとなくすがすがしい。この1週間どう過ごそうかという気分になれます。というなかで、あるニュースが入りました。お金を墓場まで持っていけないということはよく語られるけど、同じように権力も墓場まで持っていけないと感じました。総理大臣にしても同じこと。いかに最高権力者であっても、ピラミッドでも建てない限り(あるいは建てても)権力を墓場には持っていけません。それは権力に追随して生涯を過ごす小権力者にとっても同じです。権力に追随して得たものを、墓場には持っていくことはできません。
 そんなことは、歴史に証明してもらう必要はありません。自からが判断すればよいことです。 

by pastandhistories | 2017-04-24 10:01 | Trackback | Comments(0)

日本にあるだろうか

 前回の記事が3月8日。それから一か月たちました。その間も結構アクセスがあります。アクセスがあるとかえってプレッシャーがあって、あまり書けなくなってしまう。それは今書いている原稿も同じこと。ほぼ梗概は書き終えたけど、内容に納得できない。このまま締め切りまで時が流れてしまうのかと不安です。
 実は時間はあるし、健康上の問題は何もありません。本も読めているし、メモも取れています。しかし、発表予定原稿に追われて、精神的になかなかブログにまでは手が伸びないというのが現状です。ということなので、今日はメモを見返しながら、3月に書くのを予定していた文章を簡単に書きます。それは、クリストファー・ロイドの『137億年の物語』に書かれていることについてです。ビッグヒストリー関連の翻訳が次々と出ていますが、試論的な議論の提示を面白く読めるのはやはりハラリの『サピエンス全史』。とはいえ、これを高校生が読みこなすのはかなり難しいかもしれません。しかし、ロイドの本は高校生でも読める。能力があれば中学生でも可能でしょう。というより、世界史教育が必要だというのなら、こうした本を高校生が読むことができるような教育をすべきだというところがあります。
 その最後の部分に登場するのが、「2011年を迎えるまで、原子力発電を支持する人々は、エネルギー問題に関する議論において、一歩先を行っているように見えていた。ところが、3月11日に、マグニチュード9.0という巨大地震が日本の東北地方の太平洋沿岸を襲い、福島第一原子力発電所にレベル7という大事故を引き起こした。原子力が世界を救うという考えは、果たして正しかったのだろうか。このような大惨事に直面して、原子力発電を推進しようとする政党など、日本にあるだろうか。これほど地震が多い国で、原発が安全だと信じる人がまだ残っているだろうか」(414頁)という文章。
 言葉が出ません。「政党はまだたくさん残っていて、それが与党を構成している」。それは「安全だと信じている人が、というより主張する人が、大量に存在しているからです」。
 この原稿は、3月16日にこのブログに載せる予定でした。

by pastandhistories | 2017-04-11 16:35 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53
人間に関心や理解を促す語..
by 伊豆川 at 22:33

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

墓場にはもっていけない
at 2017-04-24 10:01
日本にあるだろうか
at 2017-04-11 16:35
ネットの情報管理
at 2017-03-08 16:02
パブリックな場の歴史とのかかわり
at 2017-02-26 09:04
大きな歴史と小さな歴史
at 2017-02-23 09:56

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧