歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧

反動

 今は2月下旬。国立大学の二期校が勤務先であった時は、この時期が一番まとまった仕事ができる時でした。一期校の合格発表が終わるまでは入試事務がない。入試もすぐに終わるので、論文執筆や新学期に備えた準備ができたからです。やたらに入試が複雑になった現在からは、夢のような時代です。
 当然なことだけど、複雑になればなるほどミスも出やすい。それを防ぐための負担も増大します。ミスにどう対応するかは大学にとって大変な仕事。この間話題になっているように、その発覚が遅れれば遅れるほど修正が難しくなります。その一つの解決策として正解の発表ということが議論されているようですが、踏み込めばもっと重要なのは答案の返却です。予備校が行う模擬試験では当たり前のことです。
 という問題を随分以前にその時の入試部長(事務部門)から個人的に相談されたことがあります。この人は誠実な人で真剣にこの問題を考えていたようで、その相談相手に自分がなったということです。その時の自分の返答は、「すべき」です。それに見合うほどの高額の「受験料」を取っているからです。このことは正解もまた公表するということを意味します。大学側の当然の義務。返却後の加筆などという問題は、答案へのコーティングをすれば防止できるから技術的にも難しくはないと伝えました。ただ難しいのは返却に要する時間と、クレームの受付期間。あわせて1週間程度が最低必要。発表までに要する時間を含めると入試実施日から2週間程度のタイムラグが生じます。ということで、この問題は実施には至りませんでした。他大学との重複受験生の多い私立大学にとっては、正式な合格発表日の遅れは入学手続き者の確保に致命的な影響が出てしまうからです。
 このことは実現できなかったのですが、マーク式なら各問題についての受験生の正答率が統計的にわかります。基本的には正解とされている解答をマークした受験生が比率としては多いはずで、それにずれがあるようなら正答とされている答えと教科書などの記述にずれがあるはずだということで、そのチェックを行う。ということで随分とミスのチェックができるようになりましたが、実はこのチェック法は同じ時の入試部長の相談に対して自分が提案し、その後採用されるようになったようです。作業量が増えて教員からは不満があったようなのですが。
 とにかく退職後は入試を始めとした雑用から縁が切れて、多少まとまった仕事ができるようになりました。もっとも、正直退職後も何故仕事を続けているのだろうかという疑問もありますが、雑用が多かった在職時の反動からも知れません。その反動を利用した本が昨日完成しました。ここで内容を紹介した『過去と歴史―「国家」と「近代」を遠く離れて』(御茶の水書房)です。正式の発売日は23日なので、その頃に店頭に並び始めるようです。直接版元に注文すれば、早く入手できるかもしれません。

by pastandhistories | 2018-02-21 10:20 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tsyokmt.exblog.jp/tb/238347407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

『思想』の3月号ですか。..
by 川島祐一 at 23:39
先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

表象されているもの、いないもの
at 2018-06-17 11:08
対峙と回収
at 2018-06-10 11:54
1968年と2018年
at 2018-06-02 20:33
ベストテン入り
at 2018-05-25 16:11
オンライン化と注の付け方
at 2018-05-23 14:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧