歴史についてこれまで考えてきたことを書いています


by pastandhistories

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボーフム

 4日間あった国際文化史学会をを終えて、今度はボーフムで3日間国際歴史叙述歴史理論学会、今日終わったので、明朝の飛行機に乗り帰国します。
 こちらの会は30人くらいの参加者で少し淋しい。大きな理由はやはりゲントでのINTHの大会の後ということと、さらには二週間後には今度はブラジルで『メタヒストリー』の刊行40年の会合があるため。両方に参加をする人もいるけど、やはり両方、もしくは三つへの参加というのは日程的に難しいということのようです(ホワイトは当然ブラジルに行きます)。
 参加者もそれほどでないことが予想されたし、歴史理論が中心の会、これを機会にまとめられればということで、「歴史の個人化・記憶の集団化」というテーマを考えたのですが、このテーマは本当に難しい。結局まとまらず、当日の朝にやっと結論らしきものを作って会場に、ところが終わったら会を実質的に切り盛りをしていたシュテファン・バーガーから、発表は会合のテーマであるHistorians as Engaged Intellectuals とどう関係するのかと質問されて、本当に戸惑ってしまいました。
 正直言って他の人の報告を聞いていて、(日本風に言えば)なんでこんな古臭いことを歴史理論の学会で議論しているのかがわからず不思議な気がしていたのですが、その理由は自分の発表を終え、最後の日の発表を聞いていてやっとわかりました。最後の日に行われたのはアテネ大学のリアクスの門下生を中心とする人の発表。リアコスは現在この組織の会長。何度か紹介しましたが、パブリックスペースにある歴史と専門的な歴史のあいだの関係、ナショナリズムに拘束された歴史からどう脱却できるかを実際的な問題として本当に丁寧に考えている人で(この人の本の翻訳は1冊くらいはあってよいと思います)、門下生の発表も非常にまとまっていました。学問世界で教師というのは本当に大切です。その後イッガ一スへのシュテファン・バーガーとエドワード・ワンによるインタヴュー。イッガースがナチス時代の経験を経てアメリカに渡り、公民権運動など、さらにはヴェトナム反戦運動とどう関わったのかという話です。
 要するに日本ではほとんど使われなくなったアンガージュマンの話です。それにインテレクチュアルという言葉が組み合わされたのが大会のテーマ。タイトルを見てその意味が全然ピンと来なかったのは、自分の感性が本当に鈍っていたからでしょう。ある意味では自分の責任ではなく、今の日本の歴史研究者で、engaged intellectuals という言葉を見て、すぐに意味を理解する研究者がどれだけいるでしょうか。本当に反省しました。バーガーには帰ったら詫び状を出すつもりです。
そもそも会が行われたのは、ボーフム大学にある社会運動史研究所。『社会運動史』という雑誌を出していて、さらにはこれからバーガーを中心に社会運動史研究のシリーズを出していくことが計画をされている。そうだったのなら、『歴史として、記憶として』の内容を、執筆者それぞれの紹介を含めて行ったほうがはるかによかった、ということで本当に残念に思いました。しかし、自分が今回色々な誤解をしたのは、やはり日本の歴史研究の状況の中にいて、現在の研究のあり方を当たり前だと思い込んでしまっている、そうしたことにあったのだと思います。
 いずれにせよ、イッガースに久しぶりにあえて、また話を聞けて、さらにはアンガージュマンという言葉の意味を少しづつ思い出して、あらためて感動させられるところがありました。知的な合理主義者でありながら、それが決して他者を抑圧することになってはいけないという意味でホーリズムへの強い批判的意識をもっている。バランスよく世界を見ようということでアジアへの関心も強いけど(エドワード・ワンを信頼しているのはそのためです)、欧米とアジアを知れば全知全能になるというような安易さには鋭い批判精神を持っていて(逆に言えば、日本の人文科学がダメなのは、そうした全知全能性が自らにはあるという思い込みからです)文字通りengaed intellectualsの一人とされてよい人でしょう。
 イッガースのことが長くなりましたが、ボーフムではINTHの中心であったカーレ・ピハライネン、ベルベル・べルヴェナージュに会え、いろいろ話すことができました。ベルベルは最初は参加予定ではなかったのに、車でベルギーから来てくれました。彼の本は国際歴史叙述・理論学会の最優秀賞に選ばれています。このブログでもすでに紹介したことがありますが、情熱的で期待してよい若手研究者だと思います。まだ33歳です。
by pastandhistories | 2013-09-22 05:47 | Trackback | Comments(0)

イスタンブール

 結果的には一ヶ月ぶり。海外に出れば記事を書く時間も多少はできるだろうと考えていたのですが、例によってパソコンのトラブル。今回はこちらで原稿を書きたいと思い、普段海外で使用する10インチのものではなく、見やすい15インチのモニターのものを持参し、さらには日本との連絡をと思いスカイプを前日の慌ただしい中にインストールしたのが大失敗。来てみたらワイヤレスが全く動かない。
 文化史学会に参加したからというわけではないですが、やはり文化は様々。そのひとつはトルコでは、とりわけ観光地では、数字の単位は20リラの次は10リラ、その次は5リラという感じ。いくら買い物をしてもイギリスなどのように小銭が増えない。ユーロやドルも通用するけど、この換算もすごくアバウト、1ユーロが2リラになるか、3リラになるかの違いだけ(正確には2.66くらいですが)。ダイエーが進出したら成功するか、とても興味深い感じです。
 にもかかわらず、一方では電子化がすごく進んでいる。交通カードもスイカよりも便利。お金の追加も実に簡単。宿のキーもカードのタッチ式。当然パソコンの接続もワイヤレス。それが動かないのだから、完全にお手上げになりました。パソコンのシステム・プログラム関係のありとあらゆる場所を操作してもワイアレスドライヴァーが復旧しない。奥の手の出荷段階へのリカヴァリーをと思ったら、油断していてそれをハードディスクに入れてなかったのでこれもダメ。仕方なくネットカフェに行って、無理に頼み込んでLANケーブルを使用させてもらい、ネットからワイヤレスのドライヴァーソフトを入力したけどこれもダメ。ということでトルコでは1週間、メールなどは使えませんでした(もちろん宿屋やカフェでヤフーくらいは見ることができたけど)。
 現在はボーフム。ここも案内ではワイヤレスだけだということで、もう諦めていましたが、来てみたら部屋にLANの差込が残されている。そこで事情を説明して頼み込んだところ、使えるようにしてくれました。今は朝の5時頃。海外では無理に時差ボケを修正せず、夜中に起きたら、そのままネットの作業をしたり、仕事をして過ごしています。このブログも書き始めはそれが理由。トルコでは部屋の照明が暗くてそれもできずストレスがたまりましたが、今の部屋はそれができます。今日、明日はトルコでできなかった発表の準備をするのに時間が必要ですが、ネットの接続が続けられれば、国際文化史学会の内容を紹介するようにします。
by pastandhistories | 2013-09-17 12:02 | Trackback | Comments(0)

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

『思想』の3月号ですか。..
by 川島祐一 at 23:39
先生は、「「民主主義」擁..
by 伊豆川 at 19:57
先生は、「歴史が科学であ..
by 伊豆川 at 17:18
『開かれた歴史へ 脱構築..
by 伊豆川 at 13:28
3月18日の会に参加させ..
by 伊豆川 at 08:33
セミナーで配布・訳読され..
by 伊豆川 at 14:44
先生の議論には、大筋で同..
by 伊豆川 at 17:10
私も今回のセミナーに参加..
by 伊豆川 at 18:55
先生が制度化された「真実..
by 伊豆川 at 00:29
先日、ヘイドン・ホワイト..
by 伊豆川 at 20:53

メモ帳

最新のトラックバック

「変化する可能性」
from 右近の日々是好日。
プラグマティズム
from 哲学はなぜ間違うのか?

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

現代史研究会での報告
at 2018-10-08 11:56
海外での学会報告のファイル化
at 2018-09-04 10:23
パブリックヒストリーについて..
at 2018-08-31 09:02
INTHに続き
at 2018-08-27 01:02
今回のINTH
at 2018-08-26 03:58

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

歴史
哲学・思想

画像一覧